2016年8月24日水曜日

生のクラシックを、家族とともに ~ファミリーコンサート~

こんにちは、金蘭千里中学校です。

残暑が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

金蘭千里では、8月22日(月)から後期サマーコース(お昼過ぎまでの短縮授業)が始まっており、9月1日(木)から始まる二学期に向けてウォーミングアップをしているところです。

8月29日(月)と30日(火)には、夏休みの課題の達成度を測る課題テストがあります。

それに向けてしっかり準備できている生徒もいれば、終わらない課題に追われている生徒も少なからずいるようです…。



さて、今日は7月9日(土)に本校で行われたファミリーコンサートについてご紹介します。

毎年この時期に行われている行事で、今年で11回目となります。

中一から高三までの生徒(高三は希望者)と保護者(希望者)が一緒に、本物の演奏を生で聴くというものです。

今年も日本センチュリー交響楽団に来ていただき、本校の隣りにある佐藤記念講堂でたっぷり演奏していただきました。

指揮は柴田真郁さんです。



まず第一部。

毎年恒例となりましたが、ファミリーコンサートは本校校歌『母校讃歌』の演奏から始まります。

いつもと違うオーケストラの演奏に合わせて歌う生徒たち。

なかなか味わえない体験です。





次に、田村響さんによる、ベートーヴェン『ピアノ協奏曲 第4番 作品58』の独奏です。

田村さんは、先日亡くなられたピアニストの中村紘子さんをして「日本の若い世代でずば抜けた存在」と言わしめた気鋭のピアニストです。

そのダイナミックかつドラマティックな演奏は観る者を魅了し圧倒しました。





休憩の後、第二部が始まりました。

今年はなんと、本校吹奏楽部員が壇上で日本センチュリー交響楽団と一緒に演奏させていただきました。

本校吹奏楽部員にとって大変貴重な経験となりました。





その次は、これも毎年恒例「指揮者体験」の時間です。

今年も希望者の中から選ばれた高二と中一の生徒がプロの演奏家集団を前に、立派に指揮棒を振りました。



指揮者体験をした中一の生徒に感想を聞いてみました。

「緊張することなく、団員を見渡せるくらいの余裕があった。ずっと同じテンポじゃつまらないから、早くしたり遅くしたり工夫しながらできた。楽団を操るのがとても楽しかった。」

意外に堂々としている生徒の姿を見て頼もしく思えました。





その後、メンデルスゾーンの『真夏の夜の夢 序曲』と『結婚行進曲』の演奏があり、アンコールの『ラデツキー行進曲』では観客も手拍子で参加し、会場が一体となって大いに盛り上がり終演となりました。





日本センチュリーさんのご厚意もあり、毎年さまざまなことを「体験」させていただいています。

金蘭千里ではこのような異文化を「体験」させて感性を磨く行事を多数用意しています。

生徒のみなさんには、授業のなかだけでは得られない、豊かな心を養ってほしいと思います。



本日もブログへお越しくださりありがとうございました。



2016年8月15日月曜日

夏季休業期間のお知らせ

8月11日(木祝)~8月18日(木)まで、学園休業期間となっております。
電話でのお問い合わせは、8月19日(金)以降にお願いいたします。
またメールでのお問い合わせにつきましても、返信が8月19日(金)以降となります。

なおこの期間、既にご連絡を頂いている皆さまには、ご不便をお掛けしております。
何卒ご理解のほど宜しくお願いいたします。

金蘭千里中学校・高等学校

2016年8月10日水曜日

8月13日(土)・14日(日)は私学展です!

こんにちは、金蘭千里中学校です。

さて今週末、毎年恒例となりました「大阪私立学校展」が開催されます。

本校も、最新の学校案内とともに、2017年度中学入試の変更点や、新たに始まる帰国生入試(英語不問)についての詳細をご説明させていただきます。

暑い最中ではございますが、会場に入りまして受付のすぐ右手「2番」のブースでお待ちいたしております。皆さまどうぞ足をお運びくださいませ。

京阪電車 天満橋駅すぐ OMMビル2階が会場です。

2016年8月9日火曜日

残暑お見舞い申し上げます。

こんにちは、金蘭千里中学校・高等学校です。

立秋も過ぎ、暦の上では秋とはいうものの、まだまだ酷暑厳しい毎日が続きますが、みなさま体調を崩されず、素敵な夏休みを過ごしていらっしゃいますか。

さて、7月27日に前期サマ―コースを終えてから、金蘭千里では夏休みが本格的に始まりました。

夏休みといっても、生徒たちが休暇に入っている間に、日常ではできない校舎のすみずみまでのワックスがけや補修工事、また学習環境を充実させるための設備整備工事などが、二学期に間に合うように連日学校のあちらこちらで行われています。

もちろん、受験の天王山を迎えた高校3年生たちは、登校自習のために日々学校へ通い、黙々とそれぞれの目標を達成するために受験勉強に励んでいます。自習している生徒たちが職員室を訪れて、担当の先生に熱心に質問をする様子が見受けられます。
高3生の登校自習
(数学の質問にやってきました)
また、クラブ活動も盛んに行われています。

この夏は体育館が工事中ですので、日常的に体育館を使っているバレーボール部は練習がお休み…とはならず、外の施設をお借りして、日々練習に励んでいます。
高校バレーボール部
(外部体育館を使っての練習)
炎天下のグラウンドでは、高校サッカー部が汗を流していました。日常なかなかできない広いグラウンドを存分に使っての練習試合では、部員たちのボールを追いかける元気な声が、夏空に響きます。
高校サッカー部
(関大一高との練習試合)
また吹奏楽部はコンクールに出場しました。結果は地区大会銅賞。技術的には課題もたくさんあります。しかし何よりも、コンクールに出場できたこと自体が、部員たちにとって今後への目標をさらに高く持つきっかけとなった様です。 
吹奏楽部
(コンクール当日の最終リハーサル)
勉強にクラブ活動にと、金蘭千里生たちはそれぞれの青春を存分に謳歌して、素敵な夏を過ごしていることでしょう。

夏休みもいよいよ折り返し地点となりました。
8月22日の後期サマ―コースでは、ひと夏を過ごして一回り大きく成長した生徒たちに再会できるのを、教職員一同で楽しみに待っています。

さて、小学6年生の皆さんも、日々の受験勉強を一生懸命頑張っていらっしゃることと思います。来年は皆さんも金蘭千里で青春を謳歌していることを想像しながら、体調に気をつけて、この夏を有意義なものとしてくださいね。

本日もブログにお越しくださり、どうもありがとうございました。

2016年7月27日水曜日

情報を制する者が、金蘭を制す!

こんにちは、金蘭千里中学校です。
サマーコースも今日が最終日、明日から夏休みです。

しばらくテストから解放されている彼らですが、このコースの時期に着々と夏休み中の課題を消化している生徒もいます。そういう生徒の多くは、普段から課題の提出が早く、スケジュール管理・自己管理もしっかりしていると言えます。

情報を管理する大切さ

コースに入るまで、本校では毎日20分テストが行われ、各教科の先生からさまざまな課題の提出を求められます。その一つ一つの提出先・提出期限は異なりますし、テストの試験範囲も日々把握しなければなりません。

各階廊下のメディアブースにある掲示板には1日3回は目を通す必要がありますし、先生によっては、教室内に掲示したり、授業中に口頭で指示したり、ときには黒板の端に書いているだけの場合もあったりします。

そうしたさまざまな形で発信される情報を整理し、一元管理する力が求められます。

発信情報の例を挙げるなら・・・

  ・20分テストの試験範囲の把握
  ・各授業で出される課題と提出期限の管理
  ・クラブの連絡内容の把握
  ・時間割変更情報の把握
  ・保護者との連絡物のやりとりと、担任や事務所への提出物の管理
  ・合唱祭、文化祭、体育祭などの行事連絡の把握
  ・授業とHRで配布されるプリントや書類の整理    ・・・などなど


クラス委員やクラブの部長、各行事のまとめ役などを担っている生徒は、自己管理だけでなく、クラスやグループへの連絡、担任や顧問と生徒との橋渡し、なども必要となります。

ある意味、本校生は、社会人並みの情報管理・スケジュール管理能力、ひいては自己管理能力が求められるのです。

中2生のスケジュール帳

実際に中学2年生のスケジュール帳を見せてもらうことにしましょう。

中2生は、B5が貼れるノートの左半分に、時間割が書かれた紙を貼って、右半分をフリースペースにしてスケジュール管理をしています。


◇ Aさんのスケジュール帳。

左のタテ長の「テスト」欄には、20分テストの試験範囲を書き込めるようになっています。各授業の欄には、授業中に先生が言った、宿題などの連絡事項が書かれています。

Aさんは、自分を励ます「どんまい!」やその日楽しみにしているTV番組など、楽しみながらスケジュール帳を利用していますね。



◇Bさんのスケジュール帳

Bさんは左の各授業欄に書いた宿題を終えたら、それを線で消しています。
やるべきことを一つ一つ消していくと、達成感があるんですよね。
右のページには、各先生が言った連絡事項や体育祭について書いています。





◇Cさんのスケジュール帳

Cさんは、右もあえてフリースペースにせずに、見開きで2週間が見渡せる形に。
終えた課題に○印をつけたり、付箋を貼ったりと、独自の工夫をこらしています。



中2生のプリント管理術


さらに、中2生のプリント管理術も紹介します。

本校の生徒は毎日、膨大な量のプリントをやり取りしています。その一つの原因は20分テストです。毎日行われるテスト用紙は、授業を振り返る宝物。それをどう管理し、生かすかは、本校生徒にとってとても大切な事です。

それでけでなく、各授業で先生が配布するプリント教材も豊富です。ノートに貼り付けてプリント整理したり、項目別に振り分けたクリアファイルやエキスパンディングファイルで管理している生徒も多くいます。

◇クリアファイルの例

項目別になっています


◇エキスパンディングファイルの例

開くとこんな感じ

閉じるとこんな感じ



いかがでしたでしょうか。

本校生が学校生活を送る上で、必須とも言える管理能力。
同級生のちょっとした工夫や知恵から学ぶことも多いようです。
明日からの夏休みも、培った管理能力で有意義に過ごしてほしいと思います。


本日も本校ブログにお越しくださり、ありがとうございました。

2016年7月23日土曜日

登校風景


こんにちは、金蘭千里中学校・高等学校です。

 本校は最寄りの北千里駅から徒歩で通学する生徒が大半を占めます。

この時期、セミの大合唱をバックミュージックに、上り坂を登り、学校までの平たんな道に差し掛かる頃には汗が滴り落ちてくるほどです。

時間にすればわずか10分から15分ほどのその距離、友達と楽しくおしゃべりしたり、朝の20分テストの問題を予想しあったり、一人でぼんやりと歩いてみたり、そんな毎朝の一風景をご紹介します。

正門まであと少し
正門前 先生と警備員さんが生徒の登校を見守ります。
正門を過ぎたところ 校長先生が毎朝お出迎え
「おはよう!」 声を掛けながら 生徒の登校を見守ります。
 
校長先生に話しかけられ 嬉し恥ずかし 笑顔で返答する高三生。
52年間着続けた制服、白いベレー帽も 今夏で見納め。


「おはようございます」

元気に挨拶をされると、こちらも晴れやかな気持ちで応えたくなります。

にっこりと会釈をされると、こちらも自然と笑顔で返したくなります。

挨拶とは、どちらかの一方的な行為ではなく、それを受けて返すことで相手との関係をつくるコミュニケーションの第一歩です。

時には挨拶なしに通り過ぎる生徒がいます。挨拶はしても、暗い表情であったり、浮かない顔であったり、そんな時には、その生徒のことが気にかかるもので、挨拶には、人と人とを繋ぐ力があるのだと実感します。

 本校では、『正しい容儀で 明るく挨拶』という標語が各教室に掲示されています。

今日も一日、先生方から教えを請い、学校でクラスメイトと切磋琢磨して自己を高めようという意識をもち、朝、制服を身につける。明るく挨拶することで、自身と相手とのより良い繋がりをつくる。

勉強以前の心の在り方を表す言葉です。

思うように成績が伸びないといった悩みがある人は、『正しい容儀で 明るく挨拶』ができているか、改めて振り返り、実践することで快方に向かうかもしれませんね。

一日の始まり 太陽の日差しを浴びながら。


さぁ、今日も一日、頑張りましょう!!!


本日もブログへお越し下さり、ありがとうございました。


2016年7月20日水曜日

1学期終業…ですが



こんにちは。金蘭千里中学校です。


 本日終業式を迎えました。さぁ夏休み!というところですが、本校では明日21日から前期サマーコースが始まります(27日まで6日間)。中学1年から高校3年まで全校で、40分授業2回分を1コマとして毎日3コマ(土曜は2コマ)という特別編成の時間割での授業を行います。後期も同様に8月22日から27日まで行います。
 前期は1学期のクールダウン、後期は2学期へのウォーミングアップという趣旨です。ちなみに中1のあるクラスの前期のコマ数は「国語3、社会1、数学4、理科1、英語3、プラス水泳教室2日」となっています。水泳教室は、午前中、ホテル阪急エキスポパーク内の屋内プールにて実施され、50m検定合格を目指します。

 後期コースの授業終了後、8月29~30日は、夏期休暇中の課題の定着度を測る課題テスト(五教科、各80分)を実施します。中学1年の国語・数学・英語の課題は以下のようになっています。



国語1

国語2

「常用漢字アルファ」5級~4級

口語文法すべて。特に、副詞~助詞。

代数

幾何

「問題集」第1章~第2Level B

プリント2

英語1


英語2


筆記体 

Sirius」第6章・第7章 まとめの問題(2)

Sirius」第4章 まとめの問題(1)・第5

1学期の復習(20分テストと総合テストのやり直し)


 また、高校1年の希望者が前期コース中から約3週間のイギリス研修に出かけます。


 日程の一部を紹介します。

 イートン校



第3日



午前:英語の授業

午後:ハンプトン・コート・パレス見学

夜:イブニング・アクティビティ

第4日



午前:ストーンヘンジ見学

午後:ソールズベリー大聖堂見学

夜:イブニング・アクティビティ

第5日



午前:英語の授業

午後:イートンカレッジ見学ツアー

夕方:陸上・水上のアクティビティ、BBQ

 ハロウ校



第3日

ケンブリッジへ…市内ウォーキングツアー

第4日


英会話テスト、授業

ロンドンへ…ミュージカル鑑賞

第5日

授業、発音練習、テーマ・アクティビティ


 英語のシャワーを浴びるなか、外から日本を振り返るまたとないチャンスともなっています。詳しくは英国研修facebookページをご覧ください。


 本日も、本校のブログにお越しいただきまして有難うございました。