2013年3月25日月曜日

高校3年生の卒業式後と中学3年生のクラス会

おはようございます。金蘭千里中学校です。
本日は2つのことについて報告です。
 
    1.高校3年生について
高校3年生は1月25日に卒業しました。その後、受験が終わった生徒が恩師の先生への挨拶にたくさん来ています。部活に入っていた生徒は長年指導してきた後輩に会いに来たりもしています。
写真では高校3年生のバレーボール部員が在校生に大学合格の報告をしています。一人一人どこの大学の何学部に受かったのか報告し、拍手で迎えられていました。
 その後、在校生と混じって練習に参加していました。バレーボール部だけでなく、他の部活でも卒業生が部活に顔を出しています。また、何度も学校に来て後輩の指導にあたってくれている生徒さんもいます。ありがたいことです。
 この写真は在校生が下校した後に教師と高校3年生で一緒にバレーボールをした際の写真です。恩師の先生と一緒に汗を流し、楽しみました。この写真には高校3年生だけでなく、1年前の卒業生と2年前の卒業生も写っています。卒業した後も学校に顔を出しに来てくれることは我々教員としても嬉しい事です。卒業生にとって、実りある大学生活になることを祈っています。

    2.中学3年生のクラス会について
中学3年生は3月13日に卒業しました。卒業式の前々日の放課後に各クラスでクラス会をしていました。クラス会はクラスのメンバーで中学生活の思い出を語ったり、ゲームをしたり、グラウンドでスポーツをしたりする会です。

写真でおわかりのように各クラス楽しんでいる様子でした。この日の翌日が卒業式の予行、さらに翌日は卒業式でした。クラス会ではしゃいでいた生徒が、卒業式の「仰げば尊し」、「蛍の光」を歌う際に涙を我慢している姿が印象的でした。金蘭千里での生活も残り半分、自分の進路についてもたくさん悩んで、悔いのない高校生活を送ってくれたらと思います。

最後までわざわざ読んでいただいてありがとうございました。
4月から金蘭千里に入学するお子さんは小学校の卒業式も終わった頃だと思います。規則正しい生活を心がけ、身心共に元気に4月8日の入学式を迎えてくれたらと思います。

2013年3月21日木曜日

金蘭くんと千里ちゃん

春の足音が次第にしっかりとしたものとなってきました。

校庭の桜も芽吹いてきました。

お元気ですか。金蘭千里中学校・高等学校です。

今回は高校1年6組の生徒が、学校紹介のCM動画を作ってくれたのを皆さんにご紹介します。


 


これは、高中祭(文化の部)でのクラス発表の一つで、クラスを3つに分け、この動画以外に「豚肉が食卓に上がるまで」「黒板戦争(黒板を使ったパラパラ漫画)」も制作したそうです。

内容はご覧いただいた通りですが、学校の施設が主に紹介されています。

ペープサート(紙人形での劇)を使って、とても上手に紹介しています。

最後に担任の井藤先生(数学)がインタビューされています。

皆さんも、実際の様子を見に、ぜひ本校へ足をお運び下さい。

末尾ながら、花粉症の方にはつらい季節、どうぞご自愛下さい。

2013年3月19日火曜日

アサヒビール工場見学 ~高2家庭科~

みなさんこんにちは。金蘭千里中学校です。

今年度、家庭科授業の一環として、高校2年生がアサヒビール吹田工場へ見学に行くことになりました。一度に180人規模では難しいということで、3月12日(火)・13日(水)と2グループに分けて行きました。

当然、学習の一環なのです。とはいえ、みんなとても楽しそうです。下の写真は、行きのバスの中のものです。

到着しました。ステンドグラスが迎えてくれます。

まずはこの部屋で、映像を見ました。アサヒがビールに懸ける想いが伝わってきました。

では、お待ちかね。ビール工場へ出発です!

残念ですが、ビール工場の中は、撮影禁止でした。生徒たちは、自動化された工場とその規模の大きさに圧倒されていました。ラベラーという自動でシールを張る機械の速さ驚き、ビールの缶に、中身(ビール)を入れる方法に感心していました。また、強大な発酵・熟成タンクの大きさに驚きを隠せない様子でした。タンク1つには、大人一人がビールを1日1本(350ml)飲むとすると、4000年分が入っているとのことです。そのタンクが140あまりもあるのですから驚きです。

これは、19世紀にできた、「大阪麦酒会社吹田村醸造所」の模型です。

このレンガ造りの建物の一部が、今も工場内に残っています。入口にあったステンドグラスのモニュメントです。

最後は、試飲タイムです。20分ほど時間をいただきまして、飲み放題です。学生ですので、当然ソフトドリンクです。なんと15本飲みきった生徒もいました。「若い」ということでしょうか…。

机上の学習だけでなく、実物に触れる。このことは、生徒たちを成長させます。今回得たことも、今後に活かしてくれることでしょう。

2013年3月14日木曜日

中学校卒業式

みなさんこんにちは。金蘭千里中学校です。 
 
本日は、昨日行われた金蘭千里中学校第46回卒業式についてお伝えします。
 
本校の卒業式は、創立以来一貫して、中学校の場合も高等学校の場合と同様に、学校長が卒業証書を一人ずつ手渡すという形をとりますが、今年は177名が卒業証書を受け取り、3年間の課程を卒えました。式は、午前10時に開式の辞で始まり、国歌斉唱、校歌「母校讃歌」に続いて、卒業証書授与、表彰状授与が行われました。その後、学校長式辞、来賓祝辞、在校生総代送辞、卒業生総代答辞と続き、卒業式の歌の後、「蛍の光」斉唱で卒業生退場、閉式の辞で終幕となりました。
 
会場を移して、卒業祝賀ならびに謝恩会が行われ、和やかなムードの中で会食・歓談。休憩後は、新高一準備登校がその場で行われ、春期休暇の過ごし方や4月からの心構えについて説明がありました。これから有意義な25日間を過ごし、4月8日(月)の入学式には、新たな気持ちで臨んで欲しいと思います。
 
以下、写真を掲載致します、どうぞご覧下さい。
 
学校長から177名全員が、一人ずつ卒業証書を受け取ります。
 
学業はもとより、全人格的な点より優秀と認められた生徒に、「金蘭千里賞」が授与されます。
学校長の式辞、尚友会(同窓会)会長・保護者会副会長からの祝辞です。卒業生へ向けて、思いのこもったメッセージが届きます。
 
在校生総代送辞、卒業生総代答辞です。二人とも落ち着いて、自分の役目を見事に果たしました。
 
仰げば尊し。あっという間に過ぎ去った3年間が脳裏をかけめぐります。
 
蛍の光。会場全員で卒業生を送り出します。

2013年3月11日月曜日

中学1年生によるペープサート

こんにちは。金蘭千里中学校です。

本日は先週木曜日に生徒が行ったペープサート(紙人形劇)についてお伝えします。

中学1年生が3月7日(木)に授業の時間を利用してペープサート(紙人形劇)の発表をしました。演目は「北風と太陽」、「かえると牛」、「にんじん、ごぼう、だいこん」でした。

劇で使った紙は生徒が(授業内の)クラブの時間を利用して作り上げたものです。金色の紙でギラギラ太陽を表現していたり、赤色の紙でお風呂でのぼせてしまった人参を表現していたり、と工夫を垣間見ることができました。

またクラッカーを使ったり、シャボン玉を利用したりと色々な演出を考えて発表しており、見ごたえのあるものでした。授業を担当している教師への招待状を作成した成果もあり、校長をはじめ多くの教員が生徒の頑張りを見に行きました。多くの人の前で声を出して発表することは貴重な体験ですので、生徒の成長の機会になってくれれば、と思います。
 
「北風と太陽」

にんじん・ごぼう・だいこん」の発表前の生徒からの挨拶の様子

「かえると牛」

たくさんある紙人形の一部です。
 
招待状です。

週の木曜日もまた、中学1年生の別のメンバーがペープサートを行いますので、上手に発表してくれればと願っています。

最後までわざわざ読んでいただいてありがとうございました。

急に暖かくなり、花粉症の方には大変な時期ですね。ご無理をなさらないで下さいね。

2013年3月7日木曜日

梅が咲きました。椿も咲いてます。桜は...

 
3月初めというのに、もう腕まくりをしたくなるくらい暖かな陽気になりました。
(皆さん、花粉にはお気をつけくださいね!)

こんにちは、金蘭千里中学校です。

春に誘われて、学校の真ん前(南側に位置します)にある千里北公園を訪れました。

学校の駐車場から見て、紅白の梅が咲いていることに一週間ほど前から気づいていました。



校門から100mほど歩くと、公園の入口です。



次は、中から入り口方向を見た写真です。
小さく右の端にバス停が見えます。「金蘭会学園前」生徒が帰宅するときに利用するバス停です。



公園内から校舎を見ると、こんな感じです。



椿がきれいに咲いてました。


大きな池があります。そこから阪大を望むとこう見えました。


大阪大学もいい環境に恵まれていますね。


葉を落とした大きな樹がありました。
今度は、ぜひ秋に見に来たいと思います。



公園を出て、東沿いの道から椿が赤く連なっているのが見えました。





最初、駐車場から眺めた梅を、ようやく近くでとらえることができました。



学校に戻って来ました。


桜の樹を撮りました。

 
まだまだですね。

でも、4月になると、毎年満開になります。
近所の方が、写真を撮りにみえたりします。




さて、入学式の頃はどうでしょう。

新入生の皆さん、4月8日にお会いしましょう!

2013年3月5日火曜日

「金蘭千里みてきいて2013」を終えて

みなさんこんにちは。金蘭千里中学校です。

先日2月23日(土)に、本校の学校見学会「金蘭千里みてきいて」が行われました。毎年2月下旬に行われる見学会で、今年で4回目を数えます。

第一部(午前の部)は、自由に学校を見ていただけます。目玉はやはり授業見学でしょう。普段の授業、普段の休み時間など、ありのままの飾らない本校を見ていただけます。

第二部(午後の部)は、本校生による、発表・スピーチがメインです。司会も本校生が行います。こちらも、ありのままの本校の姿を見ていただけます。
 
音楽部による発表です。
 
美術部の生徒が自分で描いた絵を解説しています。
 
中1生徒へのインタビューです。「金蘭千里に来て、よかったと思うことは何ですか?」
 
中2生徒のスピーチです。この一年間の成長を話してくれました。
 
中3生徒による英語のスピーチです。
英語暗唱コンテストでの優勝スピーチを披露しました。

「ありのまま」を見ていただくというのは、実はとても勇気がいることです。そこで頂く評価が、われわれが普段行っている教育への評価であると思うからです。

同時に、普段行っている教育に自信がなければ、このような見学会は行いません。「ありのまま」を見ていただいて、「よい学校だ」と思っていただけたのなら幸いです。

以下に、「みてきいて」の感想の一部をご紹介します。

「中1の英語の授業で、先生の英語のレベルがとても高くて驚きました。普段からああいったネイティブのような英語を聞けるのはとても恵まれていることだと思いました。」

「普段の生徒さんや学校の様子がよくわかり来てよかったと思います。明るく挨拶される生徒さんが多くとてもよい印象を受けました。」

「本人は図書室に興味を持っていました。読んでみたい本が多かったと言っていました。」

「とても学校がきれいで明るいと感じました。先生方も優しい雰囲気でとても気に入りました。ありがとうございました。」

「緊張感のある授業が印象的でした。」

「生徒さんの雰囲気がとてもよかったです。少人数での授業のよさを感じました。」

「素晴らしいクラブ紹介やインタビュー。学校生活がとてもよくわかり感動しました。」

「初めて見学させていただき、授業に真剣に取り組む生徒の姿に感銘を受けました。先生方の声、生徒たちの様子を見聞きすることで、娘も具体的な中学生活を思い描くことができたようです。」

実際に見て、感じられてみないとわからないこともたくさんあると思います。
 
本校では、随時学校見学を受け付けております。お電話でご予約いただいたら、いつでも学校見学が可能です。是非、お子様と一緒にお越しください。お待ちしております。

2013年3月1日金曜日

ホームページリニューアルのお知らせ

みなさん、こんばんは、金蘭千里中学校です。

本日3月1日(金)金蘭千里中学校・高等学校のホームページがリニューアルされました。

URLは http://www.kinransenri.ed.jp/ です(これまでと同じです)

学園の理念、本校の教育や校舎、生徒の生活についてご紹介しております。

新しくなりました本校ホームページを是非ご覧下さい。

今後共金蘭千里中学校・高等学校をよろしくお願いします。