2013年8月30日金曜日

中学一年生 人権作文より

こんにちは。
 
本校では、HRや道徳の時間を中心に人権学習に取り組んでいます。中学一年生では、特に『友人関係』について考えることをテーマにしています。生徒はアンケートやワークシートの作業などを通して考えを深めていきます。
今日は生徒が書いた作文(夏休みの宿題となったクラスもあります)の中の文章をご紹介します


「友達はひとりひとり違うけれど、人はその『個性』が活かされています。金子みずずさんの『みんなちがって、みんないい』という言葉があります。人にはそれぞれ個性があるのでその個性を受け入れることが大切だと思います。」

「これからもっと自分の個性と向き合って、家族や友達やまわりの人たちの個性もちゃんと理解して、いろんな個性とうまくつきあえるようになるために、もっともっと知識を深めていきたいと思います。」

「人間には長所があると思うので、短所ばかり見るのではなく、長所をたくさん見つけて、良い人だなあと思ってほしいです。」
 
「その人のよい所と悪い所の両方を見て感じ、それらを受け入れることがいちばん大切で重要である。その両方を見ることで、その人を否定する心が消えて、その人の本質を見ることができるようになる。」

「僕は『いじめ』は絶対にしてはいけないと思います。なぜなら『いじめ』はただ人を傷つけ、自分になにも得るものがなく、全く意味がないものだからです。」

「私は『いじめ』にいいところは一つもないと思います。ただ、いじめられている人が悲しい思いをするだけです。大人になった時、『あんなことをしていたのだ』と辛い思いをするのは、ほかでもない、いじめていた人自身なのではないでしょうか。」

「私は、いじめる人はもちろん悪いけれど、見て見ぬふりをする人も同じくらい悪いと思います。まわりの人にも責任があるということを常に心の中に入れてほしいと思います。」

「私は『ネットに潜む新たないじめ』という新聞記事を読み、おどろきました。インターネットやメールは便利ですが、恐ろしいところもあるのだなあと思いました。」

「『いじめ』のない世界をつくりたいので、友達や家族、学校の先生方とよく話し合えるような雰囲気づくりを心がけ、努力していきたいと思います。」

「自分がいじめを止められるような、勇気のある人間になりたいと思います。」

「一人ひとりが自分のことだけを考えて行動するという考えを改め、人のことや気持ちを考えて行動すると、まわりが明るくなり、関係が良くなると思います。」
 
「私は、友達が宝物です。」
 
「親友をつくることはとても大切だと、この作文を書いて改めて感じました。」

 

2学期には講演会や人権映画会も実施する予定です。

2013年8月27日火曜日

高中祭の「古本市」

こんにちは、金蘭千里中学校です。


暑さがだいぶ和らぎ、過ごしやすい季節となってまいりました。


本校では23日(金)から後期サマーコースがスタートし、
日焼けした生徒たちが元気に学校に通っています。
夏も終盤、二学期を目前に控えております。


二学期に入りますとすぐ、高中祭が行われます。

9/28(土)体育の部
9/29(日)文化の部

の2日間、開催予定です。


生徒たちが協力し作り上げる高中祭、体育の部ではサッカー、バレーボールの競技大会、文化の部ではクラス毎の出しものが見物ですが、こんなイベントもあります。

「古本市」です。

生徒や教師が出しあった古本を、ほしい人に無料で提供するというイベントです。
毎年、掘り出し物を探しに人がごった返します。
下の写真は、集まってきた古本です。
小説に趣味の本、様々な種類がそろっております。
























参考書や問題集もあるので、ちょうど勉強したいものが見つかるとお得ですね。













黒本まであります。









写真にあげた以外にも、様々な本がございます。
いい本に出会うチャンスかもしれません。
読書の秋にぴったりな「古本市」、ぜひ皆様も足をお運びください。

またその際、古本市に出してもよいという本がございましたら、
当日でも問題ありません、持ってきていただけると幸いです。

2013年8月21日水曜日

海外研修無事終了

まだ猛暑が続いていますが、皆様夏の疲れは出ていらっしゃいませんか?

金蘭千里中学校です。

中学も高校も8月23日(金)から、サマーコース後期の開始です。
8月30日(金)まで、午前中4時間の授業が行われます。
同時に、各クラスのクラス委員と学校長の意見交換の会食も行われます。

さて、すでにfacebookやtwitterでご覧頂いているかもしれませんが、
金蘭千里高等学校英国研修facebookページ http://www.facebook.com/kinransenri.uk
へ飛んでいただきますと、生徒の日誌・引率教員のコメントなどが、写真と共にご覧いただけます。

本校の海外研修は、高1の夏に行い、参加するかどうかは自由です。
ですから、国内で研鑽を積み、大学のオープンキャンパスなどに出かける人もいます。
学年によって参加人数は異なります。本年は、高校1年、173名中、133名が参加しました。
引率教員は全員で4名です。

イートン校、ラグビー校、ハロウ校の活動の様子と日程は、以下のとおりです。

【 イートン校 】







【 ハロウ校 】





【 ラグビー校 】





 


今はまだイギリスの余韻に浸っている人もいるかもしれませんが、サマーコース後期、課題テスト、高中祭、文系理系の調査、とまた忙しい毎日がやってきます。

イギリスで得たものが何だったのか ~単なる海外旅行だったのか、自分を成長させる糧だったのか~ が試されるのはこれからです。

残暑が続きます。
どうぞお体大切に。

2013年8月13日火曜日

「描きたい」 ~美術部 2013大阪私学美術展入賞作品紹介~

暑中お見舞い申し上げます。金蘭千里中学校です。

毎日猛烈な暑さですが、いかがお過ごしでしょうか。

特に、中学受験を今冬に控えた6年生のみなさんは、暑さの中毎日大変だと思います。昔から「夏を制する者は受験を制す」などと言われます。ただ、単に受験の技術を身につける機会としてではなく、体系的に知識を身につけ知の集積(=文化)を継承する機会として、そして、将来の人生の夢の実現準備のために、中学受験の勉強を頑張ってください。

無限の知識を吸収できるみなさんの年齢で一生懸命勉強することは決して無駄にはならないし絶対に有益であると確信しています(わたしたちはこのことは大学受験を目標とする本校在校生のみなさんに対しても当てはまると思っています)。


さて、今日は先日行われました大阪私学美術展より、本校美術部生徒の入賞作品を紹介したいと思います。本校の美術部は、毎年本格的な油彩画を多数出展しており、多くの作品が賞をいただいています。

展示は天王寺の大阪市立美術館の地下展示室で行われました。そうです。私学展ではいわば「ホンモノの美術館」に出展する体験ができるのです。

そのための作品を描き上げるのは、放課後の限られた時間ですが、部員たちは早くから準備にかかって各自のペースで描き、ぎりぎりまで(本当に本校から搬出する日まで)仕上げたりしています。

私は、既に本校で勤務して10年以上となりますが、その間担任として(あるいは教科担当として)接した美術部の生徒たちから何度も聞いたのは

「先生、私は/僕は とにかく描きたいんです」

という声です。その言葉は毎回、目の前の私に向けた言葉ではなく、彼女ら(彼ら)自らに向けた言葉であるように私には感じられてきました。

そう、彼らは「表現者」なのです。
 
「描きたい何かがあるから描く」のです。
 
そして、それを表現する場がキャンバスなのですね。

そんな彼らの集中力と馬力はたいしたもので、学習を含め学校生活の多くの面にそのエネルギーが生かされているように感じます。

「油彩画(油絵)を描いてみたい」「何かを表現したい」と考えておられる小学生の方、本校に入学してキャンバスいっぱいに存分に「自分」を表現してみませんか。

以下、入賞作品を中心に作品をご紹介します。作品名と写真のみ紹介します。誰が書いたか、どういう賞をいただいたのかなどが気になる方は本校Facebookページのアルバムをご覧ください。

なお、私の拙いコメントが作者である生徒さんたちのせっかくの作品をぶち壊してもいけないので題名と絵、のみで紹介させていただきます。

みなさん、自由に感じ、思いを馳せ、考えてみてください。



【高校生】

①「夢」


②「碧き」


③「nostalgia」

④「羽化」
 ⑤「待ち人は、来ず」


⑥「エウ・ダイモニア」

⑦「秋祭」

【中学生】

①森のコミュニティー 
 
②「live in」

                 
 ③「fontaine」
 
④「春風」
 
⑤「庭」
 
⑥「It was a small world」
 
⑦「絵の具」
 
⑧「ひねくれもの」
 

 
 
いかがでしたでしょうか。
 
やはり、私の拙いコメントがない方がよかったのではないでしょうか。
 
中学生・高校生たちの「表現することへの思い」は感じ取っていただけたでしょうか。
 
 
金蘭千里中学校は今週1週間(8月12日(月)~8月17日(土))夏季校舎閉鎖させていただいておりますので、その間お問い合わせ等していただくことができません。来週(8月19日(月))からはお問い合わせにお答えできる状況になりますので、何かありましたら8月19日(月)以降によろしくお願いします。ご不便をおかけして申し訳ありません。
 
それでは、受験生のみなさん、暑さに負けないで、でも、くれぐれも無理をしないで、着実にがんばってください。実りの多い夏になることを祈っています。