2014年10月28日火曜日

民族学の考究 ~中3卒業レポート~

みなさんこんにちは。金蘭千里中学校です。

朝晩の冷え込み、そしてほのかに色づき始めた木々が、秋の深まりを感じさせる、そんな季節になってきました。

そんなさわやかな季節ですが、本校の中3生にとっては「卒業レポート」に励む時期でもあります。

本校では、国際的な視点を養い、その知識をしっかりと「文章化」する力をつけてもらおうという目的で、中3生に卒業レポートを課題として与えています。テーマは「民族学」。授業での民族学に関する学習のみならず、講演会、そして国立民族学博物館見学と多岐にわたる学習をします。

レポートは、班ごとに選んだテーマに沿って、まず各個人が文献資料を参考にして作成します。その後、民族学博物館見学で学んだこと、メモしてきたことなどを班で寄り合わせて、各班で1つのレポートを完成させていきます。文献中心の個人のレポート。そして、実際博物館で見聞したこと。班のレポートはそれらの集大成と言えます。パソコンが普及し、便利になった今日だからこそ、あえてハンドライティングのレポートにこだわっているのも特徴です。

そんな本校中学3年生が、先日の土曜日10/25、国立民族学博物館に行ってきました。卒業レポートの内容に大きく関連することとあって、生徒たちは楽しみながらも真剣に学んでいました。
 
ビデオテークで世界の様々な地域の生活や儀礼などを視聴しています。

真剣にメモを取っています。

オセアニアから出発し、東回りに世界を一周し、最後に琉球や日本にたどり着きます。

公園内で昼食をとって、ホッと一休みです。

 このレポートは、製本されて生徒たちの手に渡ることになりますし、さらに本校図書室にも所蔵され、歴代卒業レポートの歴史の1ページを飾ることとなります。中3生には、一生懸命に取り組んでもらい、胸を張れるレポートに仕上げてほしいと思っています。

2014年10月24日金曜日

第12回 英語暗唱コンテスト

みなさんこんにちは。金蘭千里中学校です。
 
中学校の行事として実施をしてきた英語暗唱コンテストは、今年で12年目を迎えました。今回は、そのご報告をしたいと思います。
 
英語科主任から開会の辞に続いて、以下のように、審査基準の説明がありました。
(1)English10pts 
               Fluency(流暢さ) Diction(明瞭さ) Vocal(声の大きさ)
(2)Memorization10pts
(3)Performance10pts  
    Gestures(ジェスチャー) Emotion(感情がこもっているか)
 
 
 
その後、学年順に発表です。
 
中1はクラスごとのコーラス暗唱で、題材は“Perseus”The Hunt for Medusa””
(メドユーサをやっつけろ!) "The Three Goats (三匹の山羊)" "The Farmer's Watermelons (スイカ泥棒)" "The Golden Ax (金の斧)"から選びます。
写真は学年第1位のクラスです。題材は"The Farmer's Watermelons (スイカ泥棒)"。中1らしい初々しさが感じられるパフォーマンスでした。
 
 
中2はグループごとの寸劇で、題材は"Afraid of Manju (饅頭こわい)" "A Pot of Poison (毒入りの壺)" "The King's New Suit (裸の王様)" "Kihachi’s Dream(喜八の夢)"から選びます。
写真は学年第1位のグループからの1コマです。題材は"Kihachi’s Dream(喜八の夢)"。演出にも工夫がみられたパフォーマンスでした。
 
 
中3は個人暗唱で、題材は"Beethoven and a Blind Girl (ベートーヴェンと目の不自由な少女)" "Different Countries Have Different Customs (国が違えば習慣も異なる)" "A Man Who Likes To Give People Money (人にお金を上げるのが好きな人)"から選びます。
写真は学年第1位の個人の発表の様子です。題材は"Beethoven and a Blind Girl (ベートーヴェンと目の不自由な少女)" 。中学最上級生らしい完成度の高いパフォーマンスでした。
 
 
表彰式の様子です。中一・中二は1位と2位が、中三は3位までが表彰されます。
今年は例年にも増して僅差とのことで、中三でもう1名に審査員特別賞が与えられました。最後に学校長の講評があり、コンテストは無事終了しました。
 
 
閉会後、学校長、審査委員、司会と入賞者(中一・中二は代表)の記念撮影です。
入賞者の皆さん、本当におめでとうございます。

2014年10月20日月曜日

学校説明会のクラブ紹介

   こんにちは。金蘭千里中学校です。
本日は土曜日に行われた学校説明会のクラブ紹介についてお知らせします。
学校説明会では、学校についての説明だけでなく、モデルを用いた制服の紹介、生徒によるクラブ紹介、お子様が参加していただける体験タイムなどを行っています。その中のクラブ紹介について、写真を交えてご紹介します。
 クラブ活動の最初は吹奏楽部の合奏から始まりました。実は吹奏楽部にとって今回は初めて外部の方に発表する機会でした。
 ワークアウト部です。筋力トレーニングをする部活動です。女子も元気に活動しています。
 美術部は今までの作品を紹介していました。
茶道部は三種類のお辞儀を紹介していました。
演劇部、バレーボール部、バドミントン部、バスケットボール部、剣道部、百人一首部、テニス部は実演して客席を沸かせていました。

少しでも生徒が熱心に活動している様子が伝われば幸いです。次回の説明会は11月29日です。今回とは異なるクラブ活動の紹介もあります。お時間あれば参加していただければ幸いです。

最後までわざわざ読んでいただいてありがとうございました。
秋も深まり、朝夕は寒い日が続いています。どうぞお体にお気をつけ下さい。

2014年10月16日木曜日

高校1年校外学習

こんにちは。金蘭千里です。
今回は、10月14日(火)に行なわれました、高校1年生の校外学習について、御報告します。
明け方まで台風19号の影響が心配されましたが、何とか雨もあがり、予定通り実施することができました。
今年度の高1の校外学習は、「京都おしごと十貨」と題し、京都カラスマ大学様のご協力を頂き行なわれました。京都カラスマ大学は、京都の街全体をキャンパスに見立て、若い人たちに京都の伝統的な或いは先進的な仕事を紹介し、生涯学習を提案するNPO法人です。
生徒達は9:45烏丸駅すぐの「コープイン京都」に現地集合。まずは、1時間ほどのパネルディスカッションを受講しました。
講師は、
野嶋一生さん 「竹笹堂」彫師。伝統工芸である木版画の彫刻師。
吉村紘一さん 「ウサギノネドコ」店主。植物や鉱物等を活用したアート雑貨の制作。
小山祥穂さん 「下鴨茶寮」仲居。伝統のある高級料亭でおもてなしを担当。
の御三方です。それぞれ、なぜこの職業を選んだのか、仕事の奥深さ、かける情熱等についてお話しいただきました。

お弁当を食べた後、いよいよ10人~20人程度のグループに分かれて、各自が選んだ体験先へ移動しました。
①京つけものもり本社(つけものの作業場見学)
②長慶院(妙心寺塔頭。坐禅体験)
③酒器今宵堂(陶芸工房でやきもの制作) 
④ひなや(テキスタイルメーカーで染色体験) 
⑤KBS京都(放送局内見学とアナウンサー体験) 
⑥横山竹材店(竹でのお箸作り) 
⑦きょうとNPOセンター(京都の市民活動を支援する様々なNPOを紹介) 
⑧竹笹堂(木版画の制作工程の説明) 
⑨和泉屋旅館(旅館の見学、調理場での飾り切り体験) 
⑩山本合金製作所(魔鏡の説明、鋳造体験)の10カ所。
次の写真は⑩です。教えて下さるのは五代目の鏡師である山本晃久さんです。

生徒達も何人かはチャレンジしました。
もちろん、プロのようにはいきません。

それぞれの場所で、お仕事の妨げになるにもかかわらず、熱心にかつ丁寧に御説明・御指導を頂きました。生徒達にとっては、職業に関する視野が広がったことでしょうし、誇りを持って真摯に仕事に取り組まれている姿を垣間見ることが出来、大いに刺激を受けたものと思います。カラスマ大学のスタッフの皆様、そして訪問先の関係者の皆様、貴重な機会を与えていただき、本当に有難うございました。あらためて御礼申し上げます。

2014年10月14日火曜日

礼儀と日本の伝統

こんにちは。金蘭千里中学校です。

日増しに秋の深まりを感じる季節となりましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

2学期も二ヶ月目に入り、文化祭・体育祭を終えましたが、これから英語暗唱コンテスト、徒歩訓練、校外学習と行事が目白押しです。

本日は、今年新設されました茶道部の様子をお伝えしたいと思います。
部員は初心者ばかりですが、皆、お点前をマスターすべくがんばっております。
その中で、礼儀作法や日本の伝統も学びます。
この日は、お稽古をつけてくださる先生が干菓子をお土産にもってきてくださいました。
食べる前にまず、干菓子の五色の彩りが、平安時代、貴族の女性の着ていた十二単の主な色に由来するという説明をうけました。
知っているのと知らないのでは、きっと味わい方も変わってくると思います。
部員が試行錯誤して、彩り美しく盛っていました。
茶道部は、教室に畳をしいて活動しています。ここでまず、お茶の文化と絡めて日本の伝統について、講義を受けました。最後には、部員一人一人が、日本の良さを述べていきました。「あいまいさが受け入れられる」「治安がいい」など様々な意見が出ていました。
それから、袱紗さばきの練習です。部員のほとんどが初心者で、皆見よう見まねでぎこちないですが一生懸命さばいていました。後ろで写真を撮っているのは、きんらんせんりレターにのせる写真を撮るために来てくれている写真部の部員たちです。
最後に、お抹茶と主菓子と、お土産の干菓子をいただきました。この時間が来たときの部員たちの目は一段と輝きます。今日は緑と黄色が鮮やかな栗きんとんです。他の活動日にも、秋桜や初菊など、季節を感じさせてくれる主菓子が用意され、これも活動の楽しみの一つです。活動のはじめに食籠にうつしておいた主菓子を、横へ横へまわしていきます。写真はありませんが、お抹茶の頂き方にも、ようやく慣れてきたようです。

まだまだぎこちないですが、自然とぴんと背筋を伸ばして活動にいそしむ部員たちを見ていると、今後が楽しみです。


本日は茶道部にスポットをあてて紹介しましたが、他にもたくさんの部活が活動しています。
10月18日(土)の中学入試説明会でも、生徒たちによる様々なクラブの紹介がございますので、是非本校の様子を近くで見ていただければと思います。




2014年10月9日木曜日

10月18日(土)第2回中学入試説明会【 体験タイム 】【 クラブ紹介 】

こんにちは。金蘭千里中学校です。

今日は、来週の10月18日(土)に行われる第2回の中学入試説明会の【 体験タイム 】と【 クラブ紹介 】について、ご案内いたします。

【 体験タイム 】

前回の第1回目の説明会では、本当にたくさんの方々にお越しいただき、ありがとうございました。
学校の授業の様子を体験していただく「体験タイム」では、人気の授業では定員にすぐ達してしまい、ご希望に添えなかった向きもあり、申し訳ございませんでした。

来週の第2回説明会では、以下の「体験タイム」を予定しています。(   )内は定員です。

○ 生物 じゅず玉ストラップの作製 (30名)
○ 物理 簡易分光器の作製(15名)
○ 自分だけの下敷きを作ってみよう PCを使ったオリジナル下敷き作製(15名)
○ サッカーの楽しさを知ろう 実技指導(30名)
○ ソフトバレーボールで遊ぼう 実技指導(24名)
○ テニスのABC 実技指導(30名)
○ バスケットボールを楽しもう 実技指導(40名)
○ かるた入門 ちらし取り(15名)

どれも、初めての方でも楽しんでいただけるようになっていますので、少しでも興味がおありでしたら、お申込み下さい。
お申し込みは、説明会が始まる前に、講堂ロビーで受け付けています。
説明会は佐藤講堂で2時から始まり、だいたい3時半ごろ終了いたします。その後、「体験タイム」が中高の校舎・グラウンド等で始まります。
およそ4時に「体験タイム」が終了します。その間、保護者の方々には、自由に校舎やグラウンドをご見学いただけます。

【 クラブ紹介 】

今回も、講堂での説明会の中で、「クラブ紹介」が行われます。
「クラブ紹介」は前回が初めての試みでした。舞台に上がって大勢の人々を目の前にして緊張してしまい、ボールが手につかなかった運動部もありました。
でも、みなさん暖かく見守っていただき、微笑みと拍手をいただけました。(後で、反省会を開いているクラブもあったそうです。)
さて、今回はどうなりますか。
次週の説明会では、以下のクラブの紹介があります。どうぞお楽しみに。

○ 女子バレーボール
○ バスケットボール
○ バドミントン
○ ワークアウト(筋力トレーニング)
○ 文芸新聞
○ 百人一首
○ 演劇
○ 鉄道研究
○ 写真
○ テニス
○ 剣道
○ 陸上
○ 美術
○ PLS
○ 家庭科
○ 吹奏楽
○ 茶道

以上、金蘭千里中学校でした。

2014年10月8日水曜日

50周年改革 中学生の卒業について

こんばんは、金蘭千里中学校です。

既にお知らせの通り、本校は2015年の創立50周年に向けて教育改革を進めておりますが、中学生の卒業式ならびに卒業アルバムについて、改革の一環として本年度から変更をいたしますので、お知らせいたします。

本校、金蘭千里中学校は卒業式を例年3月中旬に行いますが、ほとんどの生徒が金蘭千里高等学校へ進学するという状況や、授業をなるべく欠かないという考え方から、中学1、2年生は卒業式の時限(2、3、4限)以外は授業、高校生は通常授業を実施しておりました。

また、卒業アルバムについては、高校卒業時に作成することや、ご家庭にご負担をおかけしないようにとの配慮から、中学卒業時は卒業記念品としてアルバム台紙のみを保護者会からお渡しいただく、ということにしておりました。

しかし、ほとんどの生徒が併設の高等学校に進学するとはいえ、中学校を担当した教員にとっても、多感な思春期前期のお子様を育ててこられた保護者の方にとっても、そして何より3年間多くの経験をして心身ともに成長した生徒本人にとっても、中学校卒業というのは本校6年間の教育のうち、前半の3年間が終わり、義務教育の課程をおえた重要な節目であるのは事実です。感慨もひとしおでしょう。

そこで、今年度からは、「中学3年生の卒業を中学校の在校生と全校教職員できちんと祝おう」という主旨のもと、中学1、2年生は卒業生の参列に専念させ(授業は行わず、卒業式後帰宅)、高校生は宅習日とし、全校教職員が卒業式、祝賀会に参加できる体制をとることとなりました。

また、卒業アルバムについても、本年度からは高校同様作成することとし(さいわい、行事などには本校提携の写真店様が付き添って下さっておりますので、写真そのもののストックは豊富です)、ご家庭に過度な負担をおかけしないよう、サイズや内容について、現在担当者が慎重に検討しております。

本校は中高6年一貫教育ではありますが、その中間の区切りとなる中学生の卒業について、彼らの成長を学校一体となって心から祝う体制をとり、彼らが気持ちの上で十分にけじめをつけて新たな気分で高校生活を送れるよう、今回、変更・改革を実施することとしました。

決して大きなことではないかもしれませんが、とても大切なことだと思いますので、ご報告させていただきます。

今晩(10月8日)は皆既月食でした。月が欠け、赤くなり、暗くなり、また満ちて行く様子は本当に神秘的でした。みなさんも、ご覧になられましたか?

季節の変わり目ですが、みなさんどうぞご自愛くださいませ。

おやすみなさい。


2014年10月7日火曜日

ぼくと金蘭千里と阪大

みなさんこんにちは。金蘭千里中学校です。

本日は高1対象に行われました講演会についてお知らせいたします。

今回講演してくださるのは、大阪大学大学院歯学研究科 口腔外科学第一教室 助教 伊藤章先生です。伊藤先生は本校の26期卒業生です。

今回の講演会は、「進路」講演会。本校では、高2から文系・理系のコースに分かれ、高1の2学期は、来年度の文系理系のコース選択を行う時期にあたります。自分をしっかり見つめ、自分のしたいことは何なのだろうと思い悩む時期と言えます。そんな時に卒業生の体験談を聴けるとあって、生徒たちは真剣なまなざしで聴いていました。

演題は「ぼくと金蘭千里と阪大」。講演は、ご自身と阪大の紹介から始まりました。


 
その後、口腔外科とは何かという興味深いお話がありました。口腔外科とは、歯を抜いたり、顎の骨折を治したり、舌の癌を治療したりと多岐にわたるとのことです。手術することが主な仕事で、歯科と医科の間に位置し両者の橋渡しをする、とても重要で、ある意味ニッチ(すき間)な仕事だとお話されていました。

そして、ご自身の在校中のお話もしてくださいました。

在校中は校内順位が下位だったという伊藤先生。
「ちょっとした高望みは悪くない」「望むことは恥ずかしいことではない」
希望を捨てず、あきらめるなという力強いメッセージが生徒たちに届きます。


 
努力し、今を一生懸命に生きる大切さもお話されていました。辛い経験があったとしても、今が輝いていれば、過去もよく思える。「過去をよくするのは今」という言葉が印象的でした。

「何を選ぶかは、実はそれほど重要ではない。選んだ場所でがんばれば、自ずと道は見えてくる」

伊藤先生が最後におっしゃった言葉です。進路に悩む生徒たちには、救いの言葉だったのではないでしょうか。
 
高1の生徒たちには、もっと一生懸命に努力し、もっと今を輝かせるようになってほしいと期待しています。

2014年10月2日木曜日

高中祭 体育の部 in 大阪市中央体育館

みなさんこんにちは。金蘭千里中学校・高等学校です。

本日は、先日行われた高中祭(体育の部)についてお伝えします。

本校では、創立50周年を迎えるにあたり、様々な改革がなされていることは、このブログでも紹介させていただいていますが、他校でいう体育祭も、今年から大きく様変わりをしました。本校では長年、校技(学校のコアスポーツ)であるサッカー・バレーボールの試合を1日かけて実施をしてきましたが、今年からメニューを変更し、さらには各学年・クラスから実行委員を選出し、全校生徒がより主体的に関われる形にしました。

本校は、広いグランドを所有しているのですが、もともと校技であるサッカーを存分に行うことを主眼に設置されたものですので、その形状が問題となりました。中学高校同時開催は堅持したいと考え、生徒の待機席と保護者や本校受験希望者の皆様の観客席の配置を慎重に検討しました。その結果、リレーを行うトラックのカーブが非常に鋭角的になり危険であるとの結論に達し、大阪市中央体育館での実施となった次第です。

当日のプログラムは、各種リレー(三人四脚リレー、障害物リレー、ハリケーンリレー、クラス対抗リレー、クラブ対抗リレー、チーム対抗リレー)、綱引き、玉入れ、そして、大縄跳びです。

 

最初に、学校長の開会のことばです。今回は、本校50年の歴史の中で初の試みであること、そして今年の高中祭のスローガン“Keep Cool and Carry On
を実行して欲しいとの話がありました。


生徒代表による宣誓です。有意義な高中祭を目指し、一生懸命プレーすること、そして、今日一日存分に楽しみたいとの言葉がありました。


まずは、三人四脚リレーからスタートです。慎重に、かつ急ぐことが要求されます。
どれだけ息を合わせられるかが勝負です!


会場全体の様子です。手入れの行き届いた、広くてきれいな体育館です。



平日の開催となりましたが、多くの保護者がお越し下さいました。



次は、障害物リレーです。生徒は様々な障害を乗り越えて進んでいきます。


途中に、20分テスト(高中祭バージョン)が待ち受けていました。

 
テストをクリアし、制鞄を持ってゴール!



さて、生徒達が挑んだ問題とは一体どんなものだったのでしょうか? 



続いて、中学生の綱引きです。赤組、白組、どちらも必死です! 



さらに、ハリケーンリレー、クラス対抗リレーと続き、午前の部は終了です。 


午後は、クラブ対抗リレーからスタートです。第一陣は、陸上部、男子サッカー部、
バスケットボール部、卓球部、ワークアウト(筋トレ)部、剣道部です。今年から
クラブも大幅に増えました!



次は中学生の玉入れです。みんな、小学生の時を思い出しながら懸命です! 


続いて、高校生の綱引きです。綱を持つ手に全身の力を込めます!


さらには、大縄跳び。テレビでもお馴染の種目です。さあ、気持ちを一つに!



いよいよフィナーレ、チーム対抗リレーです。スタート地点には教員の姿が!
十代に負けじと頑張る教員の姿は、生徒の目にどのように映ったでしょうか? 



閉会式で学校長は、「今年の高中祭のスローガン“Keep Cool and Carry On
は実行できたと思う。そして新しい時代の幕が開きました。」と力強く宣言しました。


会場を後にする時、体育館の入口に、このような電光掲示板があることに気付きました。形を変えて初めての体育祭は上々の出来であったと思います。ですが、これに満足することなくしっかりと反省し、3年前から変わった文化祭と同じく、よりブラッシュアップされたものにしていきたいと思います。