2014年12月25日木曜日

2014 年の瀬、有難うございました。

皆さんこんにちは。金蘭千里中学校です。 

金蘭千里は、24日に終業式を終え、現在ウインターコース(補習)を行っています。このコースも27日には終了し、28日からは冬季休暇に入ります。普段は生徒の活気に溢れた校舎も、つかの間の休息を取り、新年を迎えることになります。

このブログでも適宜お知らせしましたように、本校は創立50周年を迎えるにあたり、「伝統と革新」のキャッチフレーズのもと、2014年3月以来、諸改革を行って参りました。主なものは以下の通りです。 

①中学入試制度改革(午後入試、アラカルト入試の導入)
②2015年からの新制服・制定品・ジャージの制定
③クラブの大幅増設、活動学年の大幅拡大
④最終下校時間の繰り下げ(補習、クラブの充実)
⑤学習記録ノートの導入
⑥諸テストの再編、最適化
⑦高中祭の充実(生徒による運営、体育の部の改革)
⑧キャンプ・自然研修旅行の充実(2015年からのカリキュラム整備)
⑨緊急時メール配信システム(全員)、登下校時メール配信システム(希望者)
の整備
⑩中学卒業式の充実(高校生は宅習日、卒業アルバムの作成)

これらの改革は、受験生の皆さん、保護者の皆さまに概ね好評で、学校説明会・ブース説明会には本当に多数の皆さまのご参加をいただきました。誠に有難うございました。今後も本校は、良き伝統を守りつつ、さらなる進化・深化を図って参りますので、どうぞよろしくお願い致します。 

寒い日が続いています。受験生の皆さん、体調はいかがでしょうか?風邪など引かれていませんか?また、勉強ははかどっていますか?今年は、お正月を存分に楽しむ余裕はないかも知れませんが、どうか最後までベストを尽くして下さい。目標に向かって一生懸命に努力をしている皆さんを、私たちは心より応援しています。そして、皆さんが私たちの仲間に入って下さることを、心より願っています。受験生、ファイト

2014年12月22日月曜日

校内大会

こんにちは。金蘭千里中学校です。
本日は校内大会についてお知らせします。以前からお知らせしていますように高中祭でサッカー、バレーボールを実施しなくなりました。その為、校内大会のサッカー、バレーボールを見に来られる保護者の方もおられます。
写真は中学3年生の校内大会の様子です。中学1年生のころに比べると体力も技術も向上しています。また、寒い中たくさんの生徒が応援に来ていました。
最後までわざわざ読んでいただいてありがとうございました。
受験生の皆さんはあと受験まであと少しですね。最後まで諦めずに力を蓄えて下さい。

2014年12月20日土曜日

吹奏楽部クリスマスコンサート

皆さんこんにちは。金蘭千里です。
今回は、本日(12月20日土曜日放課後)行なわれました、吹奏楽部による第1回クリスマスコンサートを御報告します。
吹奏楽部は、本校の50周年改革の一環として今年の春誕生したばかりの新しい部です。部員は26名で高1生が2名であと24名は中学生。ほとんどの者が管楽器など触るのも初めてという状態でしたが、創部以来約半年、月2回程度、各楽器の若手プロ演奏家の方々に指導に来ていただき、今日の日を迎えました。

オープニングは、今回賛助出演の合唱部によるミュージックベルの演奏。
去る12月7日「藤白台まちびらき50年記念フェスタ」でも地域の方々に披露した「きよしこの夜」と「ホワイトクリスマス」で聖夜のおごそかな雰囲気を作ってくれました。

そしていよいよ本日のメイン、吹奏楽部の演奏です。司会進行と指揮は吹奏楽部顧問の渡辺教諭(国語科)、気合い入りまくりのサンタファッションで登場。

最初は御存じアメリカ海軍の勇壮なマーチ「錨を上げて」
短縮版は第2回学校説明会でも演奏されましたが、今回はより磨きをかけてのフルバージョン。
次に同じく第3回説明会以来の、軽快なマーチ「76本のトロンボーン」。これもフルバージョンで。
さらにパーカッションが活躍するユーモラスな「シンコペイテッド・クロック」。

そして何と何と、これが本邦いや世界初演。本校の校歌「母校賛歌」のブラスバージョン。今までのピアノ伴奏やファミリーコンサートにおけるオーケストラバージョンとは一味違う、まったく新しい吹奏楽編曲。しかも河邉教諭(音楽科)の歌唱付きで、生徒から感嘆の声が。

そしてクリスマスの定版「ジングルベル」。フィナーレは「クリスマスディスコキャロル」と題しておなじみの「聖者の行進」などクリスマス曲7曲のメドレーで大いに盛り上がりました。アンコールはもう一度「母校賛歌」今度は観衆が高らかに歌い上げ、客席と一体となって大団円。

わずか半年でここまで来た生徒達の努力に拍手を贈りたいと思います。今後部員数も楽器数ももう一回り・二回り大きくならなければならない吹奏楽部ですが、2月28日(土)の学校見学会と、3月(日は未定ですが)の佐藤講堂でのコンサートに向けて、更に研鑽を積んで行くことでしょう。これからも金蘭千里の新しい歴史と共に発展していく吹奏楽部に御期待下さい。

2014年12月17日水曜日

総合テスト後の、中1LHR

こんにちは。金蘭千里中学校です。

一段と寒さの増す今日この頃ですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

本校では、12月11日、12日に総合テストがありました。2学期で学んだことの再復習、また3学期への礎として、生徒たちは各々、この日の為に勉強し備えてのぞみます。

二日にわたる全テストが終わると、張りつめた空気から一転、なごやかな雰囲気へ変わり、楽しそうに歓談しながら昼食をとっていました。

そして、この後に待つLHRのために、我先にと教室を出ていく生徒たち、、、。

というのも、中学一年生は、午後からのLHR(ロングホームルーム)が「クラス対抗バレーボール大会」だったので、大いに盛り上がりました。



現在、校内大会シーズンということもあり、特に女子はバレーボールの楽しさに目覚め、普段はサッカーが主流の男子たちもまきこんで皆でわいわい楽しく試合をおこないました。





トーナメント式だったので、自分のクラスを応援する歓声もあがり、体育館はとてもにぎやかでした。最後は勝利したクラスに拍手がおくられました。

スポーツマンシップ、応援の仕方など、試合を楽しむうえで大切なことの話も真剣に聞き、今回は実際の試合を通して、身をもって学んでくれたのではないかと思います。校内大会での活躍、成長が楽しみです。




2014年12月12日金曜日

高校1年生 英語で入賞

こんにちは、金蘭千里高等学校・中学校です。

2学期になって、高校一年生が、英語でいくつか表彰されました。
今日はそのことをお伝えします。

まず、I.E.さんが、11月3日に茨木市で行われた「第31回 茨木市国際親善都市協会英語スピーチ大会」で、2位に入りました。スピーチの内容を簡単にお伝えします。

title 「Seeing is believing. 真の国際人として大切なことは何か。」
外国を、ネットの情報や、固定観念だけで判断するのではなく、実際に足を運んで、その国の文化を体験することが国際理解につながる、といった内容です。

ちなみに、I.E.さんは、昨年度中学3年生の時、本校の英語暗唱コンテストで優勝した人です。
これからもずっと英語のスピーチに興味を持ち続けてほしいと思います。

次は、全国英語教育研究団体連合会(全英連)主催の、「第53回 全国高等学校生徒英作文コンテスト」での入賞作についてです。
このコンテストには、毎年高校1年生全員が参加します。ただし、1校につき10編までしか応募できないので、校内選考を経た9作品を応募し、2名が入選しました。(昨年の高1生が最優秀賞を取ったことは、既にご紹介済みです。)
タイトルは毎年指定されていて、本年度は "How to Best Enjoy My School Days" でした。
では、入選した、M.S. さんとS.M. さんの作品をお読みいただきましょう。
さすが入選しただけあって、楽しく、そして少し重い作品です。

【 M.S. 】

How to Best Enjoy My School Days

“One,two,three…”-Can you guess what I count? I count smiles.

    I love my school. I have many good friends and good teachers. I also can get good education. But I have only one problem about my school. It is that my school is too long a way from my house. I take trains to school for two hours every day and there is no friend who lives near my house. So I had had a great difficulty killing time on the train. One day I conceived a bright idea. “I’ll try it,” I said in my mind.

    I started it when I was in the first grade of elementary school. I vividly remember the day when I tried counting smiles for the first time. The smile I first counted was my next-door neighbor, Kenya’s. He was smiling with his grandfather in their garden. I counted as many smiles as possible. All of them made me so happy. I fell into the habit of counting smiles. However I stopped it when I was in the higher years of elementary school because I had no free time.

 “Ok, I’ll try it again,” I thought.  “A woman is smiling with her baby. She is the first!” “Oh, there are the second and the third! The young man gave up his seat to the old lady. Both of them look happy,” I said in my mind. “And that office worker holding a cake box is sleeping with smile. Maybe today is his wife’s or child’s birthday. What a kind father he is.”  I enjoyed counting smiles, forgetting time. Their smiles made me happy. I found myself absorbed in finding happy scenes. Even the noise of train sounds like a great music while I’m thinking about happiness of people around me.

    Everyone has each life and happiness. They show it to me by smiling. And I come to like them in an instant. However, probably, I will never see them again in my life. It really hurts. So, when I get off the train, I hope that every person I counted will be happy and smiling tomorrow, too.

    I don’t need to worry about how to kill time now. Your smiles make my school life perfect. So, please smile when you get on a train, or I can’t count yours!     (388words)


【 S.M. 】

How to Best Enjoy My School Days

Study, study, and study. Why do I have to study? I sometimes stopped and thought about the question. Studying without a goal is somewhat empty. My beloved grandfather gave me a clue to the answer.

     My grandfather died three years ago. This spring, we found many documents on his desk. His life experience was written in them. I got very interested, and asked my grandmother about his life.

     He was born as a landowner’s oldest son. He was intelligent, and was a hard worker. He loved to study. His classmates always asked him how to solve problems. However, he was forced to go to agricultural high school. His parents said to him, “Don’t study. You don’t need to go to college. You only have to engage in farming.” In those days, it was common for the oldest son to take over the family business. His younger brothers and his friends went to high school and college. How frustrated he was! He went a different way from them. Nevertheless, he wished to study. While the whole family was fast asleep, he studied his younger brother’s textbooks hard by himself. He studied secretly under a quilt with light from a flashlight. His strong will never let him compromise. One morning, he pretended to go to do some farming, and took the entrance examination for a prestigious university. He passed! While he did some farming, he researched hard. He got a doctorate at last.

     There were many twists and turns, and he stamped his feet in frustration many times. Nonetheless, he stuck to his will to the end. I generally respected him. While he was alive, he had never told me to study, but said to me, “Do anything you want to do.” He always supported me, probably because he couldn’t study though he was eager to study.

     Now, times have changed. Our generation is called Satori Sedai―no ambition, no particular desire. Our life has been becoming more and more convenient. We’re rich in things, but our life is empty.

     What would he think if he saw my current situation? I like English movies and songs, so I belong to ESS club. It’s a new club, and we sing songs, and read through scripts together by trial and error. The club has a homey atmosphere, and I’m enjoying it with like-minded members. I’m beginning to feel affinity for English little by little, and started to cherish a dream. I’d like to visit strange countries, and meet many foreigners who have different views. In order to fulfill it, I have to learn more. That’s why I have to study. It won’t be easy to study. In the future, I’ll get into difficulties, and feel despair. But I have friends, and we can work hard together. My teachers and my family stand by me. And, above all, where there’s a will, there’s a way. This is what I’ve learned from my grandfather, and how to best enjoy my school days.      (497 words)

いかがでしたか?小学生には難しいでしょうが、大人で読まれた方は、微笑んだり、うーんと唸ったりなさったのではないでしょうか。

I.E.さん同様、M.S.さんとS.M.さんも、まもなく全校生の前で表彰される予定です。
よく頑張ってくれました!

金蘭千里高等学校・中学校でした。

2014年12月8日月曜日

IIBC英語エッセイコンテスト特別賞受賞!

みなさんこんにちは。金蘭千里中学校です。
 
エッグドロップ甲子園での優勝に引き続き、本校生の活躍をお伝えいたします。
 
本校の高校2年生がIIBCエッセイコンテスト特別賞・日米協会会長賞」を受賞いたしました。IIBCエッセイコンテストとは、あるテーマに沿って、501700語の範囲内で、英文でエッセイを書き応募するものです。今回のテーマは、
 
「私にとっての身近な異文化」
 
以下IIBCのホームページより引用します。
 
「今回のテーマ『私にとっての身近な異文化』は、将来グローバルに活躍するであろう高校生の皆さんに、コミュニケーションのギャップを乗り越えて、異なる文化を持つ人々とわかり合うことの大切さを見つめ、考える機会を持つことをねらいとしています。
全国の高校生にとって、本コンテストへの参加が、多様な文化や価値観に触れ、相手を理解した上で自分を理解してもらう努力をすることの大切さを考える契機になることを願っています。」
 
賞を頂いた本校生の題名は「Is Apologizing Good or Bad?」。
 
「この題名で書こうと思ったのは、ヤンキースの田中投手がひじを故障し戦線離脱した際に、会見で謝罪をしたことがアメリカで『なぜ謝るのだ』と記事になったと聞いて、非常に驚きを感じたことがきっかけでした。私も典型的な日本人ですぐ謝るし、謝ることは悪いことではないと思っています。その文化の違いを書こうと思いました。」と本人。
 
以下に、そのエッセイを全文掲載いたします。
 
 
Is Apologizing Good or Bad?
 
How many times do you apologize in your daily life? Have you ever thought about the reason for your apology? In Japan, I often see people apologizing for something. I had thought it was usual until I recently read a newspaper article.
 
It was the article about Masahiro Tanaka, a popular professional baseball player who joined NewYork Yankees last year. The article said that he had to leave the team for a long time because he broke his right elbow and he apologized to his funs and his teammates for the injury in an interview. American media was surprised at “his apology” and wrote about it. There is another example about the same matter. When Hideki Matsui broke his left wrist, he sent a letter to his team manager, in which he apologized for his injury. Then American people were shocked at his behavior. “He apologized!”
 
I was very surprised to see that just an apology can be an article of the newspaper. I think that there is a big cultural difference between America and Japan. In Japan, apologizing is one of the basic behaviors and we easily apologize for things which are not actually worth doing so. On the contrary, in America, only those who really did a bad thing apologize. It is said that American do not apologize but insist that they are right, because apologizing means “I admit that I was wrong. I will compensate you for the loss.” This can be true of not only America but also some other countries. Thus the two baseball players’ apologies are acceptable for Japanese people but can be misunderstood overseas. For, people overseas may think that the player did not prepare for the game enough and got injured necessarily. For example, when Yu Darvish, another Japanese baseball player in Texas Rangers, apologized to his manager for his ball being hit in the game, the manager admonished him not to apologize anymore, because in America it usually means that he did it on purpose. In their opinion, having got injured accidentally is not the subject of an apology.
 
Why does such a difference exist? I think one of the reasons is that the background of American culture is “sense of guilt” and that of Japanese culture is “sense of shame.” Most Americans are religious and they have god in their heart. So, they have the concept of a sin. While in Japan we are not so conscious of gods. Instead, we are strongly conscious of other people’s eyes. We are afraid of being laughed at or blamed. This feeling often decides the behavior of Japanese, I think.
 
Another reason comes from the differences of the characteristic in each county. Japan is totalitarianism and America is individualism. So in Japan, even if we did not do anything so bad, we apologize readily to keep harmony in the society they belong to. Apology plays an important role to smooth the human relationship.
 
I myself apologize at once. I am typical Japanese. However, I learnt that what our apology meant differed from a country to a country through the article I read. Therefore,  I would like to remember this cultural difference.
 
 
「謝罪」に焦点を当てた着眼点と、日本は恥の文化だが、アメリカは罪の文化であると分析した洞察の深さが評価されました。
 
 
先月、1115日に、東京で表彰式が行われました。
 

 
表彰後のスピーチです。
 
教科担当教員とパチリ。
 
 
本校で学んだことを活かし、「外」で活躍し、評価されることは大変素晴らしいことです。
 
金蘭千里の後輩のみんなも、色々なことにどんどんチャレンジし、自分の力を試してほしいと思います。

2014年12月4日木曜日

中二校外学習 2014(繁昌亭&海遊館)

みなさんこんにちは。金蘭千里中学校です。
 
本日は、先日行われました、中二校外学習についてお伝えします。
 
8時30分、バスにて学校を出発、天満天神繁昌亭へ。繁昌亭のHPには以下のように掲載されていました。
 
      金蘭寄席
    桂あやめ 林家染雀 林家染八 豊来家玉乃助 入谷和女
    開演:午前10時(9時30分開場)
 
出演者には、本校第19期生である林家染雀氏の名前が!落語を鑑賞するのが初めての生徒も多く、興味を引かれた者も多かった様子。とりわけ、大先輩である林家染雀氏の活躍を目の当たりにして、大きな刺激を受けたようです。約2時間の寄席を存分に楽しみました。 
 
 
 
 
 
 
続いて、バスにて海遊館へ移動。昼食後に見学を開始。生徒は、ただ見学をするだけではありません。何と、引率担当者から課題が出されているのです!課題の内容は以下の通りです。
 
担当者Aから:海遊館に展示されていた海域はどこか。名前とともに下図に
書き込みなさい。(地図が示されていました。)
担当者Bから:一度に産む卵の数が最も多い魚類は何か。その名前と卵の数を
答えなさい。
担当者Cから:校外学習について一首詠みなさい。
担当者Dから:次の生き物の和名を英名に、英名を和名に直しなさい。
       <和名>            <英名>
       ユメウメイロ    (                                 )
   (      )      Pacific Whitesided dolphin 
      イサキ             (               )
     (      )         Moon jelly
                  サギフエ            (                )
   担当者Eから:ジンベイザメの大きさを測るにはどうすればよいか。
                           数学的に答えなさい。
   担当者Fから:企画展<ヒレのヒミツ>の生き物の鰭(ヒレ)をスケッチしなさい。
   担当者Gから:海遊館のコンセプトは、イギリスの科学者ジェームズ・ラブロックの
                            提唱するガイヤ仮説に基づく。ガイヤ仮説とは何かを書きなさい。
   担当者Hから:海遊館には不老不死の生物がいる。その生物は何か答えなさい。
 
生徒は、決められた時間をフルに使って、館内をしっかりと見学していました。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
バスに乗り込んで15時50分に帰校。繁昌亭と海遊館。今回の校外学習もきっと生徒に良い刺激を与えてくれたことでしょう。今後の学校生活に生かしてくれるものと期待しています


2014年12月1日月曜日

第3回中学入試説明会のクラブ紹介

皆さんこんにちは。金蘭千里です。
11月29日(土)、本年最後となる第3回の中学入試説明会が実施されました。
朝の大雨もあがり、目の覚めるような紅葉の中、多くの受験希望者や保護者の方に来ていただきました。有難うございました。
さて、生徒達によるクラブ紹介のコーナーですが、今回は28部中、17部が出演しました。第1回か第2回の説明会で1度経験済みである為か、全体で15分という超タイトなスケジュール(各部の持ち時間は数十秒)にも関わらず、登場・整列、次のクラブへのマイクの受け渡しもスムーズで、遅延無く終えることが出来ました。
オープニングは吹奏楽部。前回は「錨を上げて」でしたが、今回はミュージカル「ミュージック・マン」より軽快な行進曲「76本のトロンボーン」。

その後、文化系クラブでは、
私美展出展作品と高中祭で制作した横断幕を披露した美術部。

合唱部はハッヘルベルのカノンをモチーフにした「遠い日の歌」を歌い上げました。

書道部は高中祭での力強い展示作品を披露しました。

科学部は、化学班・生物班・天文班それぞれの活動内容を実験を交えながら紹介。

ESSはテンポ良く英語で歌って踊って自己紹介。

一転して御点前で静寂な雰囲気を醸し出した茶道部。

ダンスでアピール、放課後ヒロイン家庭科部。

マクドナルドハウスでの活動を写真と共に紹介したボランティア部。

PC部とPLS部は活動の一端をハイクオリティな映像で紹介しました。

また、体育系クラブでは、卓球部・陸上部・サッカー部・剣道部・ダンス部・テニス部が実技を披露しました。各部とも、未来の後輩を勧誘しようと、楽しくかつ一生懸命にパフォーマンスを展開し、一つ一つの部に暖かい拍手をいただきました。
「まだ見ぬ本校生」=受験希望の皆さんは、どのクラブが印象に残ったでしょうか?ただし、本校が一番大切にするのは日々の学習です。今回壇上に登場した生徒諸君も、「勉強在っての部活」と心得えた上で、頑張っていることは忘れないで下さい。

なお、来年の2月28日(土)には「金蘭千里、見て聞いて」と題して、現在小学校5年以下の方を対象に、また違った趣向の学校見学会を予定しております。詳細は後日お知らせ致しますので、よろしければ是非お越し下さい。


中学1年 校外学習

こんにちは。金蘭千里中学校です。
本日は先週に行われた校外学習についてお知らせします。先週の金曜日に中学1年生は校外学習で兵庫県立美術館と阪神淡路大震災記念 人と防災センターを訪れました。
 まず、美術館を訪れました。絵画を鑑賞するだけでなく、職員さんの説明も拝聴しました。
美術館近くの公園にて昼食をとった後は人と防災センターにむかいました。
 提示物を見るだけでなく、色々な体験をし、震災について知識を深めました。
 最後に学校にて学年終礼の後、解散しました。生徒にとってよい経験になったのであれば幸いです。
最後までわざわざ読んでいただいてありがとうございました。
先週の土曜日の学校説明会ではたくさんの方にご来校いただきありがとうございました。本校のありのままの姿を見ていただけたのではないしょうか。なお、、学校見学は随時受け付けておりますので、いつでもお問い合わせください。また、当日朝は強烈な通り雨でした。生徒の皆さんは体調を崩していないとよいのですが。