2015年3月26日木曜日

中学3年生卒業後の授業

こんにちは。金蘭千里中学校です。
本日は中学3年生卒業後の授業についてお知らせします。

中学3年生の卒業式は3月13日(金)でした。卒業後は入学式まで3週間ほど休暇になります。その休暇中に先週と今週で授業をしています。
卒業生187人中のべ85名が参加しています。授業後は自習の時間があるのですが、春休みの課題にそれぞれ集中して取り組んでいました。4月からは高校生となり、金蘭千里の後半戦がスタートしますね。新しい制服に袖を通して、気分一新頑張ってくれたらと思います。旧担任の先生方もその姿を遠くから見ていることでしょう。

最後までわざわざ読んでいただいてありがとうございました。在校生の皆さんはクラスがまた新しくなりますね。名残惜しいでしょうが、また新しいクラスでよき友人を増やしていって下さい。特に新中1生、新高1生の皆さんは入学の誓いに書き込んだ志を3年間忘れず、頑張って下さいね。

2015年3月23日月曜日

新中1オリエンテーションならびにクラス会

皆さんこんにちは。金蘭千里です。
まず最初に御報告するのは、3月23日(月)に行なわれた新中1生のオリエンテーションです。
小学校の卒業式を終えたばかりの彼ら・彼女らに、金蘭千里中学校の生徒に成るんだという自覚を持たせようと、毎年この時期に行なっています。保護者同伴では無く一人で本校へやってくるのは、ほとんどの子たちにとって初めての事かと思います。

体育館に集合・点呼後、視聴覚教室に移動。
そこでは国数英理社の各教科の教員から、中学生としての勉強の仕方、心構えなどの説明がありました。みんな緊張の面持ちで真剣に聞いていました。

次の写真は、配布した冊子の社会科のページですが、右側は今の中学1年生の歴史のノートです。授業におけるノートの取り方の見本として挙げてあります。

最後に入学直後の日程(始業式・身体測定・2日間にわたる新入生研修など)が説明されて、1時間半ほどでオリエンテーションは終わりました。金蘭千里は、4月8日、決意も新たに、新制服を着たピッカピカの新入生に逢えるのを楽しみに待っています。

次に報告するのは、在校生が行なうクラス会です。クラス会とは年に1度(大抵、2学期末か3学期末です)行なわれるクラスの茶話会です。前日、一人350円の予算で、お菓子やジュースを買い出しに行き、準備万端。
写真は中学1年。お菓子をたらふく食べた後は、担任の先生も一緒にゲーム大会。このクラスでは、フルーツバスケットで盛り上がっていました。

この時期に行なわれるクラス会は、毎年クラス替えがある本校生にとっては、クラスのお別れ会的な意味があります。一年間の思い出を振り返り、今までの級友に感謝して、来年度新しいクラスを作って行って欲しいと思います。









2015年3月20日金曜日

終業式

こんにちは、金蘭千里中学校です。


明日は春分、だんだん日が長く暖かくなってきましたね。入学式のころに満開となる桜のつぼみもほころびかけていました。


本日は終業式でした。中3も高3も卒業しているので、いつもは生徒でいっぱいの体育館が、少し広く感じられます。

まずは、校内大会の表彰から。優勝したチームのキャプテンがトロフィーを受け取ります。



また、11得点もあげた得点王も表彰されました。


今のクラス・チームのメンバーと戦うのもこれで終わりです。学年最後の校内大会ということもあってか、どのコートでも笑いあり涙ありの熱い試合が繰り広げられていました。

そして校長から、「勉学の基礎を築くこと」、「下校時間を守ること」、「制服をきっちり着こなすこと」の3点、話がありました。


4月からは、今はまだ見ぬ新中1、そして高1は新制服となります。今の制服だけで並んでいるこの風景もこれで最後です。

そしておわりに、恒例の母校讃歌が歌われました。




終業式の後は、スプリングコースでお昼まで授業がありました。これから春休みまでの間は、
いままでの復習、そして次の学年への橋渡しとして全員コースを受講します。


長かったようであっというまの1年間、何を学び、何を得、どう成長したのでしょうか。

自分自身でふりかえり、次の学年ではより上を目指して頑張っていってほしいと思います。




2015年3月16日月曜日

校内大会

こんにちは。
ようやく春の兆しがはっきりしてきました。
そろそろ、外へ飛び出して、身体を動かしたくなりませんか。
金蘭千里中学校・高等学校です。

20分テストも終わり、模試や総合テストも終わり、中学校の卒業式も終わり、みんなほっと一息。
この時期の放課後は、校内大会真っ盛りです。
中三高三がいないのが寂しいですが、その他の学年は、サッカー・バレーボールに夢中になる期間です。






今日は天気も良くて、グラウンドにいるだけで晴れやかな気持ちになりました。
中2、高1、高2の男子が準決勝を戦っています。(中1は16日、17日、18日に試合があります。)

自分たちの試合を待つ女子も応援に来ています。







 今度は、体育館に行ってみましょう。
バレーボールの校内大会が行われています。今日は高1と高2の試合があるようです。
(中1は18日と19日に試合があります。)



ここも応援する先生、クラスメートがさかんに声援を送っています。
サーブが決まってもキャー、スパイクが決まってもキャー、勝ってもワ~、負けてもワ~。歓声が反響して溢れかえっています。








校内大会が終わると、終業式、スプリングコースと、次の学年の準備に入っていきます。
そう思うと、グラウンドを見ていても、体育館の歓声を聞いていても、どこか寂しい気がします。

来年度へ向けて、みんな一歩一歩歩み始めています。

金蘭千里中学校でした。

2015年3月13日金曜日

2015年 中学卒業式

みなさんこんにちは。金蘭千里中学校です

本日、金蘭千里中学校の卒業式が執り行われました

本校の卒業式には伝統があります。それは、講堂の壇上で、学校長が卒業生一人ひとりに卒業証書を手渡しすることです



3年前の入学式で、学校長が一人ひとりと握手を交わした同じ壇上です。壇上の生徒らを見て、教員はかれらの成長に目を細めるわけですが、卒業生も自分自身の成長を感じていることでしょう。中高一貫校の本校ですが、こうした年中行事を1つの節目として、生徒たちが改めて自分を見つめ、新しい一歩を踏み出してほしいと願っています


学校長は式辞の中で、友の大切さを説きました。そもそも『金蘭』の名称は易経の説明書である繁辞伝の中の『二人心を同じうすればその利きこと金を断つ、同心の言はその臭蘭の如し』の文よりとったものです。「志を同じくするものが協力一致すれば何事でも成し遂げることが出来る。また立派な心を持っている者同士のことばは蘭の花の香のようなかぐわしい雰囲気を醸し出すものである。」という意味です。入学式で「よき友をつくりなさい」と学校長に言われた彼らですが、きっと3年間で一生の友を見つけてくれたことでしょう。この先の3年間も、友と切磋琢磨して自分を向上させてほしいと思っています

尚友会会長は、「SEKAI NO OWARI」の歌詞を引用され、目的、志を持つことの大切さを、保護者会副会長からは、人と人とのつながりを大切にしなさいとアドバイスがありました
 

在校生総代送辞 
 
卒業生総代答辞
 
今日は日差しがやさしく、青い空が広がっていましたが、空気はキリッと引き締まっていました。卒業生のみなさん。君たちの未来は広い青空のように広がっています。この春休みの間に、自分は「どう生きたいのか」をしっかりと考え、4月に、将来を見据えたキリッとした引き締まった心持で高校1年生を迎えてください。期待しています

みんな、卒業おめでとう

2015年3月9日月曜日

海外研修オリエンテーション

みなさんこんにちは。金蘭千里中学校です。
 
本日は、先日行われました海外研修オリエンテーションについてお伝えします。
 
2月2日のブログでもお知らせしましたように、イギリス海外研修は今年で18回目。イートン校、ハロウ校という名門校のサマースクールに高一の希望者が参加します。
今夏はイートン校へ42名、ハロウ校へ75名の計117名が渡英することになりました。これで、7年連続100人オーバー、ここ5年間の研修参加率の平均は約7割です。
 
参加者決定後のオリエンテーションは、生徒対象が2回、保護者対象が1回の計3回行われますが、今回はその第1回目(生徒対象)でした。
 
内容は、以下の通りです。
 
<学校から> 研修校別参加者名簿の配布
          出発までの研修関連日程について   
 
<日本旅行から> 提出書類(旅行申込書、パスポート関係)について
 
説明を聞く生徒は、ある時は真剣そのもの、またある時は期待感からの笑み、とてもよい表情を見せてくれました。また、説明会開始に遅れる生徒は一人もなく、途中で私語をする生徒も殆どありませんでしたので、約40分の説明会は順調に進行しました。
 
研修は7月下旬からとまだまだ先ですが、必要に応じてのパスポート申請や旅行申込書の作成など、春休みの課題が一つ増えました。今年も、実りある研修にして欲しいと思います。
 


2015年3月5日木曜日

中3vs教師

こんにちは。金蘭千里中学校です。
本日は中学3年生と教師とのサッカーの試合についてお知らせします。

本日放課後に中学3年生サッカー部と教師チームとの試合がありました。中学3年生サッカー部のほとんどは高校でも部活を継続しますが、中学のサッカー部は卒業ということで、記念試合をしました。
 試合の前の様子です。
試合の様子です。サッカー部とっても上手でした。
 試合の後、先生メンバーは疲労困憊の様子でした。
最後に生徒代表から先生方に「3年間で勉強面でも部活面でも成長できた。」と挨拶がありました。
その後皆で記念撮影しました。生徒たちにとっては忘れられない思い出になったことでしょう。これからの3年間も友達と支えあい、そして困難に立ち向かってほしいですね。

最後までわざわざ読んでいただいてありがとうございました。高校3年生は国公立大学試験の結果をそわそわしながら待っている時期でしょう。もし、望むような結果が出なくても、最後まで諦めず頑張って下さいね。

2015年3月3日火曜日

大盛況のきんらんせんりデー

皆さんこんにちは。金蘭千里です。
今回は、2月28日(土)に行なわれた「きんらんせんりデー」について御報告します。
昨年までこの時期に実施してきました学校見学会「金蘭千里みてきいて」を、50周年改革に合わせてもっとブラッシュアップしたものです。本校への入学を検討されているご家庭はもちろん、在校生とその保護者の方、そして卒業生にもと、言わば金蘭千里に縁のある全ての方々に、本校教育の魅力をアピール出来ればと考え、今年より始めました。
午前中は、昨年までと同じく、授業・校舎見学です。全教室オープンにして自由に見学して頂けます。飾らない、生の日常をご覧いただきました。
午後は、本年度より質・量とも充実したクラブ活動を見て頂きました。校舎内・体育館・グラウンドそれぞれの場所でいつも通り練習・活動が行なわれましたが、何といってもメインイベントは佐藤記念講堂での文化系クラブの発表。13:00~14:30で行なわれました。

まず最初は吹奏楽部。「76本のトロンボーン」・「シンコペイテッドクロック」クリスマス・コンサートの時よりも更に成長を見せてくれました。そして初お披露目となる「サウンドオブミュージックメドレー」
パーカッションがマリンバ・鉄琴3台掛け持ちで頑張ってくれました。吹奏楽部は3月26日の第1回定期演奏会に向けて猛練習中です。
次に登場したのはESS部。バーガーショップで・バスで・飛行機の中でなど、様々なシチュエーションで展開される会話を、初め日本語(大阪弁)で、次に英語で、そして重要フレーズは客席全員でリピート。終始きびきびとした舞台で、勇敢な小学生も壇上に上がって来て、スキットにチャレンジしてくれました。
次が演劇部。高中祭以来2回目の公演となります。今回の演題は、東京の中学校で作られ、あのWAHAHA本舗も監修した学生演劇定版のコメディー『「   」とさけびました』です。わがままでナルシストのお姫様。それに振り回される家来や、本来敵役のはずの悪の女王。登場人物になってはいけないはずの「ト書き」まで巻き込んでのどたばた劇。熱演でした。
そしてダンス部。曲はマイケル=ジャクソンの「Black or White」。最近ワークアウト部とともに筋力トレーニングにも励んで来た成果で、みんなキレキレのダンスを披露してくれました。
最後が合唱部。本校の文化部としては最も古い歴史を持つクラブです。EXILEのATSUSHIが作詞した合唱コンクール課題曲「桜の季節」と、これも合唱曲の定版「雲の指標」をしっとりと歌い上げました。
午後の部の主役はあくまでも生徒達。各部とも、ここまで来るには様々な試行錯誤や葛藤があったことと思いますが、先輩・後輩協力して良く頑張りました。これで高2生が引退する部もありますが、高1生達の「今度は自分たちが引っ張る」という意気込みで、更なる飛躍をしてくれるものと期待しています。
最後になりますが、今回御来校いただいた皆様、本当に有難うございました。今後ともよろしくお願い致します。