2016年8月31日水曜日

『大阪初!病理医体験セミナー開催』&文化講演会のご案内

こんにちは、金蘭千里中学校・高等学校です。

金蘭千里では8月22日よりサマ―コースが始まっていますが、夏休みもいよいよ最後の1日を残すのみとなりました。

さて、サマーコースよりも一足早い8月20日(土)に、NPO法人PathCareの主催で、本校高校1年生と2年生を対象とした『病理医体験セミナー』が行われました。

本校ではさまざまな機会に「ホンモノ」に触れることを大切にしています。
今回は、実際に病理医として日々忙しくご勤務なさっている順天堂大学附属病院の小倉先生、大阪大学病院の森井先生を始めとする、多くの現場の先生方のお力をお借りし、大阪の学校では初めて、病理医体験セミナーを行うことが出来ました。

参加希望の生徒は、一学期から入念な事前学習をコツコツと行ってきました。これについて、予め全てに目を通してくださっていた小倉先生からは「事前レポートの内容も質の高さも素晴らしい!」とコメントをいただき、本校生が日頃から培っている「よい真面目さ」が、そういったところでもきちんと顕れていたのだなと、お話を伺った教員はとても喜んで感想を述べていました。

実際のセミナーでは、朝から夕方までかけて、レクチャー・実習・発表と一日がかりの大変貴重な体験をすることが出来ました。

午前中はまず、「病理医と病理診断について」というタイトルで、大阪大学の森井教授より、日本に約2300人しかいない病理専門医のお仕事について、分かりやすく授業をしていただきました。
「病理医と病理診断について」講義くださる森井先生(大阪大学)

続いて「大腸がんの病理診断」について、小倉先生の授業です。健康な細胞とがん細胞の違いなどについての専門的な基礎知識はもちろん、顕微鏡の中の世界(組織所見)だけでなく、まずは見た目でどの程度判断できるか(肉眼所見)が大切だということなど、「日頃あたりまえだと思って何となくやり過ごしていることの中に、病理医として必要なマインドセットを鍛えるヒントが隠れているのだ」というお話を交えながら、講義してくださいました。
大腸がんの病理診断について、医学部1年から研修までの内容を
分かりやすいダイジェストで講義してくださる小倉先生(順天堂大学)

講義が終わると、実際に病理診断の実習に入ります。班によっては実習の進度も異なってきますから、昼食も早々と終わらせて、午後の発表に間に合うように診断実習の準備を行います。 
講義が終わるといよいよ班ごとに病理診断実習です。
「体験」とはいえ、その内容はとても難しく、先生方が「診断」に近づくためのヒントを、画像データや顕微鏡を使いながら教えてくださいます。
順天堂大学、大阪大学それぞれの先生方が、
各班に付いてていねいに教えてくださいます。

午後もあっという間に時間が過ぎ、班ごとに異なって与えられた課題(検体をどのように診断したか)を発表します。肉眼所見、組織所見、それらの病変から転移の可能性、予後の経過観察についてなど、自分たちが一日をかけて診断した結果を発表します。それについて、先生方からは鋭い質問が容赦なく生徒たちに投げられ、生徒たちもタジタジですが、小倉先生、森井先生からは、どう見ればより分かりやすく診断できるか、アドヴァイスもいただきました。
班ごとに病理診断の結果を発表します。

最後に、一番積極的に質疑応答に参加した班の生徒たちには、「大阪大学医学部の病理診断見学ツアー」のプレゼントが贈られました。また、参加生徒全員に、病理医体験セミナー修了証が渡され、緊張の一日病理医体験が終わりました。

金蘭千里には、進路選択の中で医師を志す生徒も多く通っています。しかし、単純にがむしゃらな机上の勉強だけではなく、そういう生徒にこそ実際の医療現場で働いている先生方に直接お話を伺うことで、より具体的なイメージを持ちながら、自ら目指す将来に向けて学業に励んで欲しいと願っています。

二学期の文化祭一日目(10月1日)には、文化講演会として大阪市立大学の首藤太一先生をお迎えします。講演会では、医師を志す生徒だけでなく、さまざまな夢を実現し、目指す「わたし」になるために必要なマインドセットを、中学生や高校生の間にどうやって身につけるのか、首藤先生がお話してくださいます。


この文化講演会へは、卒業生はもちろん、本校にご興味をお持ちの方々も是非ご出席ください。詳細は、学校までお気軽にお問い合わせくださいませ。

本日もブログへお越しくださり、ありがとうございました。

2016年8月26日金曜日

神戸大学へ訪問、研究体験!


こんにちは、金蘭千里中学校・高等学校です。

 

 8月3日(水)に科学部の特別活動として、神戸大学大学院 人間発達環境学研究科 源研究室を訪れました。同研究室は、水の中にあるDNA(これを環境DNAと呼ぶ)の情報を利用して、そこにどのような生物が生息するかを明らかにする分析技術の開発を行っています。その技術はここ数年間で急速に発展しており、今年の7月にはNHKのサイエンスZEROで紹介されるなど、社会的にも注目されています。

当日は、科学部以外の希望者も含め、高二5名、高一4名、中二4名の計13名の生徒が参加し、研究体験及び校内見学を一日満喫しました。

実験のテーマは『環境DNA手法を用いてビオトープに生息するカワバタモロコの個体数を推定する』というもの。神戸大学の4回生が実習で行うものとほぼ同じ内容です。

テーマだけ見ると少し難しいように感じるかもしれませんが、地球環境問題について、生徒の知識を確認しながら発問し、意見を引き出しながら、映像を使って分かりやすく楽しい講義を展開して下さいました。環境DNAとは何か、環境DNAを用いることで何が明らかになり、どのような応用が可能なのか、最先端の科学技術に触れ、生徒達の思考もフル回転、とても集中した良い表情をしていました。
~当日のスケジュール~
○事前講義
 ○実験
  手順(1)ビオトープから環境水を採取する。
  手順(2)環境水をグラスフィルターでろ過する。
  手順(3)グラスフィルターからDNAを抽出する。
  手順(4)PCR試薬を調整する。
  手順(5)リアルタイムPCRを行う。
  ~昼食~ 大学の食堂にて 大学生と同じメニューを体験!!
  ~校内および研究室の見学~
  手順(6)リアルタイムPCRの結果をもとにDNA量を計算する。
源先生による事前講義。集中して聞き入る生徒達。
環境DNA分析を用いて、たとえばオオサンショウウオのような希少な生物や、オオクチバスなどの外来生物の分布を明らかにすることに役立つ。調査現場での作業が水を汲むことだけなので、従来の調査法に比べて現場作業が大幅に短縮でき、短時間に多くの場所で調査することができる。最近では、たった一杯の水からそこに生息する魚種を全て明らかにすることができるなど興味深い話が続々と。
院生の方からの説明。初めて見る実験装置に興味津々。

ビオトープから採取した水を吸引濾過し、水中の物質をフィルターの上に吸着させます。ペットボトルに半分ほどの水から、生息するカワバタモロコ(魚)の個体数が推定できるとは!!!


初めて使用するマイクロピペット。手つきも次第にしっかりしたものに。薬品と反応させ、環境DNAだけを取り出していく。
研究室の中も見学させていただきました!
実験結果をもとにDNA量を計算。正解値がでますように…。


結果は…   多少の誤差はあるものの、各班とも概ね実験成功!
源先生からもお褒めの言葉をいただき、胸をなでおろす生徒達でした。

大学前で記念撮影


以下、参加した生徒の感想の一部です。
 
 川や池の水をくむだけで、そこに棲む生き物たちを調べることができることに、とてもびっくりしました。話がわかりやすくて興味深かったので、とても聞き入ってしまいました。正直、眠たくならないかなーなんて心配していたので良かったです() 
実験の後、大学内の見学もでき、とても充実した一日でした。とても良い経験ができて良かったです。(高二 女子)
 
 正解を導きだすのは難しかったのですが、普段は触れることのない実験器具や教科書でしか見たことのないものを使えてとても楽しかったです。(高一 女子)
 
 内容は難しい部分もありましたが、分かりやすく説明していただいたので大丈夫でした。実験も校内見学もとにかく楽しかったので、自分も将来、ここに行きたい!と思いました。(中二 女子)
 
 環境DNAの実験では、初めて使う実験器具に緊張しながらも、楽しみながら実験することができました。研究室には所狭しと実験機器やデスク、パソコン等が置かれ、壁には生物関係のポスターが貼られていました。また、下の壁には学生の研究結果が貼られていて、どれも興味深いものでした。今回の課外活動は、これまでにないほど良い経験になりました。このような機会を与えて下さり、ありがとうございました。(高一 男子)

 
 事前講義から実験の終了まで、楽しみながらも実験を成功させようと真剣に取り組む生徒達の姿が印象的でした。そして、ただ単に楽しかったというだけでなく、今回の活動を通して、生徒達は最先端の科学に触れ、大学院の様子を肌で感じ、改めて自分の将来の進路選択にも思いを馳せたようでした。将来の自分をより具体的にイメージし、今後の学生生活をさらに充実したものにし、各自の目標へ近づいて欲しいと思います。
 
さて、9月10日(土)には、本校の学校説明会が開催されます。吹奏楽部による演奏をはじめ、学校紹介、クラブ紹介など、本校で過ごす生徒達のナマの姿もご覧いただけます。残暑の厳しき折ではございますが、是非ともご来場いただき、本校の様子を知っていただければと思います。

本日もブログへお越し下さり、ありがとうございました。


2016年8月24日水曜日

生のクラシックを、家族とともに ~ファミリーコンサート~

こんにちは、金蘭千里中学校です。

残暑が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

金蘭千里では、8月22日(月)から後期サマーコース(お昼過ぎまでの短縮授業)が始まっており、9月1日(木)から始まる二学期に向けてウォーミングアップをしているところです。

8月29日(月)と30日(火)には、夏休みの課題の達成度を測る課題テストがあります。

それに向けてしっかり準備できている生徒もいれば、終わらない課題に追われている生徒も少なからずいるようです…。



さて、今日は7月9日(土)に本校で行われたファミリーコンサートについてご紹介します。

毎年この時期に行われている行事で、今年で11回目となります。

中一から高三までの生徒(高三は希望者)と保護者(希望者)が一緒に、本物の演奏を生で聴くというものです。

今年も日本センチュリー交響楽団に来ていただき、本校の隣りにある佐藤記念講堂でたっぷり演奏していただきました。

指揮は柴田真郁さんです。



まず第一部。

毎年恒例となりましたが、ファミリーコンサートは本校校歌『母校讃歌』の演奏から始まります。

いつもと違うオーケストラの演奏に合わせて歌う生徒たち。

なかなか味わえない体験です。





次に、田村響さんによる、ベートーヴェン『ピアノ協奏曲 第4番 作品58』の独奏です。

田村さんは、先日亡くなられたピアニストの中村紘子さんをして「日本の若い世代でずば抜けた存在」と言わしめた気鋭のピアニストです。

そのダイナミックかつドラマティックな演奏は観る者を魅了し圧倒しました。





休憩の後、第二部が始まりました。

今年はなんと、本校吹奏楽部員が壇上で日本センチュリー交響楽団と一緒に演奏させていただきました。

本校吹奏楽部員にとって大変貴重な経験となりました。





その次は、これも毎年恒例「指揮者体験」の時間です。

今年も希望者の中から選ばれた高二と中一の生徒がプロの演奏家集団を前に、立派に指揮棒を振りました。



指揮者体験をした中一の生徒に感想を聞いてみました。

「緊張することなく、団員を見渡せるくらいの余裕があった。ずっと同じテンポじゃつまらないから、早くしたり遅くしたり工夫しながらできた。楽団を操るのがとても楽しかった。」

意外に堂々としている生徒の姿を見て頼もしく思えました。





その後、メンデルスゾーンの『真夏の夜の夢 序曲』と『結婚行進曲』の演奏があり、アンコールの『ラデツキー行進曲』では観客も手拍子で参加し、会場が一体となって大いに盛り上がり終演となりました。





日本センチュリーさんのご厚意もあり、毎年さまざまなことを「体験」させていただいています。

金蘭千里ではこのような異文化を「体験」させて感性を磨く行事を多数用意しています。

生徒のみなさんには、授業のなかだけでは得られない、豊かな心を養ってほしいと思います。



本日もブログへお越しくださりありがとうございました。



2016年8月15日月曜日

夏季休業期間のお知らせ

8月11日(木祝)~8月18日(木)まで、学園休業期間となっております。
電話でのお問い合わせは、8月19日(金)以降にお願いいたします。
またメールでのお問い合わせにつきましても、返信が8月19日(金)以降となります。

なおこの期間、既にご連絡を頂いている皆さまには、ご不便をお掛けしております。
何卒ご理解のほど宜しくお願いいたします。

金蘭千里中学校・高等学校

2016年8月10日水曜日

8月13日(土)・14日(日)は私学展です!

こんにちは、金蘭千里中学校です。

さて今週末、毎年恒例となりました「大阪私立学校展」が開催されます。

本校も、最新の学校案内とともに、2017年度中学入試の変更点や、新たに始まる帰国生入試(英語不問)についての詳細をご説明させていただきます。

暑い最中ではございますが、会場に入りまして受付のすぐ右手「2番」のブースでお待ちいたしております。皆さまどうぞ足をお運びくださいませ。

京阪電車 天満橋駅すぐ OMMビル2階が会場です。

2016年8月9日火曜日

残暑お見舞い申し上げます。

こんにちは、金蘭千里中学校・高等学校です。

立秋も過ぎ、暦の上では秋とはいうものの、まだまだ酷暑厳しい毎日が続きますが、みなさま体調を崩されず、素敵な夏休みを過ごしていらっしゃいますか。

さて、7月27日に前期サマ―コースを終えてから、金蘭千里では夏休みが本格的に始まりました。

夏休みといっても、生徒たちが休暇に入っている間に、日常ではできない校舎のすみずみまでのワックスがけや補修工事、また学習環境を充実させるための設備整備工事などが、二学期に間に合うように連日学校のあちらこちらで行われています。

もちろん、受験の天王山を迎えた高校3年生たちは、登校自習のために日々学校へ通い、黙々とそれぞれの目標を達成するために受験勉強に励んでいます。自習している生徒たちが職員室を訪れて、担当の先生に熱心に質問をする様子が見受けられます。
高3生の登校自習
(数学の質問にやってきました)
また、クラブ活動も盛んに行われています。

この夏は体育館が工事中ですので、日常的に体育館を使っているバレーボール部は練習がお休み…とはならず、外の施設をお借りして、日々練習に励んでいます。
高校バレーボール部
(外部体育館を使っての練習)
炎天下のグラウンドでは、高校サッカー部が汗を流していました。日常なかなかできない広いグラウンドを存分に使っての練習試合では、部員たちのボールを追いかける元気な声が、夏空に響きます。
高校サッカー部
(関大一高との練習試合)
また吹奏楽部はコンクールに出場しました。結果は地区大会銅賞。技術的には課題もたくさんあります。しかし何よりも、コンクールに出場できたこと自体が、部員たちにとって今後への目標をさらに高く持つきっかけとなった様です。 
吹奏楽部
(コンクール当日の最終リハーサル)
勉強にクラブ活動にと、金蘭千里生たちはそれぞれの青春を存分に謳歌して、素敵な夏を過ごしていることでしょう。

夏休みもいよいよ折り返し地点となりました。
8月22日の後期サマ―コースでは、ひと夏を過ごして一回り大きく成長した生徒たちに再会できるのを、教職員一同で楽しみに待っています。

さて、小学6年生の皆さんも、日々の受験勉強を一生懸命頑張っていらっしゃることと思います。来年は皆さんも金蘭千里で青春を謳歌していることを想像しながら、体調に気をつけて、この夏を有意義なものとしてくださいね。

本日もブログにお越しくださり、どうもありがとうございました。