2016年12月28日水曜日

今年もありがとうございました

こんにちは、金蘭千里中学校です。

本校では24日(土)に終業式が行われ二学期が終わりました。(しかし授業は終わりません)

終業式直後からウィンターコース(冬期講習)が始まり、本日28日(水)まで五教科中心の特別時間割で、演習中心の授業が行われています。(高三以外全員参加)

明日から授業のない冬休みとなります。



終業式では、授業の一環で応募したものやクラブ活動において表彰を受けた生徒は、改めて校長から全校生徒の前で披露されます。

以下表彰を受けた生徒です。



・第55回全国高等学校生徒英作文コンテスト(授業
   入選 高一Yさん・高一Oさん・高一Nさん・高一Tさん

・第44回比叡山競書大会(書道部
   大津市教育長賞 高二Sさん
   金賞 高二Kさん

・2016吹田万博国際ふれあいマラソン(陸上部
   第3位 高一Mくん

・第12回IPA「ひろげよう情報モラル・セキュリティコンクール」(授業)
   大阪私学教育情報化研究会賞 中二Mさん



他にも二学期中に表彰を受けた生徒は以下の通りです。



・箕面市秋季市民体育大会(剣道部
   高校生男子剣道個人の部 準優勝 高二Tくん
   中学生女子剣道個人の部 第3位 中一Mさん

・池田市市民総合体育大会(剣道部
   高校・一般女子剣道団体の部 優勝 高二Sさん

・大阪府私学英語暗唱弁論大会
   暗唱の部 第3位 中二Nさん


・大阪私学美術展(美術部
   高校絵画部門 奨励賞 高二Mさん・高一Kさん
   中学校部門 奨励賞 中三Fさん・中二Fさん

・第51回高野山競書大会(書道部
   高野山書道協力賞 高二Sさん・高一Gさん
   推選 高一Iさん・高一Kさん
   入選 高一Iさん・中二Sさん・中二Mさん・中二Uさん

・第55回大阪府吹奏楽コンクール北摂地区大会(吹奏楽部
   高校の部A部門 銅賞 

・柔道女子階級別
   第3位 中二Kさん



クラブ活動が増えたこともあり、年々表彰される生徒の数も増えてきました。

大変悦ばしく思います。

みなさん、おめでとうございます。



中学受験本番まで1ヶ月を切りました。

受験生のみなさんは、最後のラストスパートをかけているころでしょうか。

当日まで体調を崩さぬよう、無理をしすぎないように努めてください。

つらくなったら前々回のブログ「本校生からのエール」を見てください。(ブラウザのお気に入りに登録しておこう!)

きっと勇気が湧いてくると思います。

今年も当ブログをお読みいただきありがとうございました。

来年もホットな情報をお届けできればと思っています。



みなさま、よいお年をお迎えください。



2016年12月25日日曜日

ウィンターコースで表現力を磨く!!

ィンターコースって何?

先週の土曜日に終業式がありました。
この日から28日までが『ウィンターコース』と呼ばれる期間となります。

この四日間は、普段の50分授業が40分授業に短縮される代わりに、2コマ連続で同じ教科の授業が行われます。

そのため、普段とは違った授業プログラムを展開することができます。

中2の国語ですること

中2の国語は、計80分授業×3コマあり、内1コマは古典の授業、1コマは演劇ワークショップ、もう1コマは外部のコンテストに向けた「ショートプレゼン大会」を行うことになりました。

(演劇ワークショップは、中1~3年生を対象としたプログラムです。概要はこちらを、先日行われた中1対象のワークショップの様子はこちらをご覧ください。リンク先をクリックすると、新しいページが開きます)

「ショートプレゼン大会」の説明の前に。。。

今回は「ショートプレゼン大会」の模様をお伝えします。

と、その前に、これまでの経緯のご説明から。

2学期の国語1(現代国語)の表現の授業では、週1時間のコマを使って、「未来の仕事を考える 中学生アイデアコンテスト」に応募すべく、準備を進めてきました(国語1の「表現の授業」の概要についてはこちらをご覧ください)。

「未来の仕事を考えるコンテスト」は、大阪駅前にあるグランフロント大阪の中核施設である「ナレッジキャピタル」が主催しているコンテストです。



最終選考に残ったら、安藤忠雄設計のうめきた広場に作られる仮設テントで、数百人の観客と審査員を前に公開プレゼンテーションを行います。

昨年度は中1生・高1生がコンテストに初めてチャレンジし、計4名が入賞、内1名が最終選考の公開プレゼンテーションまでたどり着きました(コンテストの概要はこちら、昨年度の受賞の様子はこちらをご覧ください)。



本コンテストを国語の授業に取り入れたのは、

①「未来の仕事を考える」こと自体がキャリア教育になる
②応募する書類作成を通して、自分の考えを言葉でまとめる力を鍛えられる
③不特定多数を前にしたプレゼンテーション能力を磨くきっかけになる

など、教育効果が高いと考えたからです。

2学期の表現の授業

2学期に実際行った授業の様子をご紹介します。

◆1回目の授業では、仕事について考えることの大切さ・ある事務職の仕事の例を概観した後、TEDのプレゼンテーション「機械に奪われる仕事、残る仕事」を視聴して、その内容を200字以内で要約しました。

さらに、身近な社会人に、仕事についてのインタビューを行い、レポートを提出する課題も出されました。

要約の提出用紙
約5分間のTEDを視聴して・・・

すぐに要約開始!

書かれた文章をまとめるより集中力が要ります

うまく書けたかな?


未来の仕事を考えるにあたって、彼らが視聴した教材は、全部で三つです。

・TED「機械に奪われる仕事―残る仕事」(リンクはこちら
・YouTube「Amazonの工場とその未来」(リンクはこちらこちら
・NHKスペシャル「天使か悪魔か 羽生善治 人工知能を探る」(リンクはこちら

◆2回目の授業では、赤ペンでたっぷり添削された要約答案が返却されました。そして、未来の生活はどのように変化するか、また、社会や人々の生活の変化によってどのような仕事が必要になるか、考えていきました。

必要な知識の提供と共に、具体的に自分の頭で考える手助けをしながら、授業は進んでいきます。


◆3回目の授業では、いよいよ400字詰め原稿用紙に「未来の仕事」を書いて提出。表現の授業で書くことに慣れてきたせいか、ほとんどの生徒が50分の授業の中で書き上げて提出できました。
【左ページ】60年代、90年代にあったモノ・サービスに生徒はビックリ!
(オジさんには感慨深いものがあります笑)
【右ページ】プレゼン大会の案内。配布時は生徒の悲鳴が!

そして最終課題として、クラスメイトの前で自分の考えたアイデアを、全員にプレゼンテーションさせることにしました。

こういうとき、ウィンターコースの80分という時間は有効です。

いよいよ「ショートプレゼン大会」!

あらかじめ添削された原稿を返却されていた生徒たち。

ウィンターコースの発表日を迎え、緊張の面持ちです。

持ち時間は1人1分間、原稿も小道具も使わずに、声と表情とジェスチャーだけで行います。


まずは先生によるプレゼンのお手本♪

生徒からは思わず拍手♪ 先生だからといって高見の見物などしませんゼッ

お次はいよいよ生徒の番です。最終準備タイムは残り3分。



 時間配分を気にする者
 近くの生徒に自分のプレゼンについて意見を求める者
 イメージトレーニングに励む者!
集中力を高める者!

さて順番は・・・

 ジャンケンで恨みっこナシ
もう笑うしかない

そして原稿は持っていけないぞ♪

実践!

何はともあれやってみるべし!

 アレ!? オレは何を言おうとしていたんだっけ???
 お互いのプレゼンを評価し合います
 自分のアイデアに自分で吹き出す!
 間を置くことも聴衆を引きつけるテクニックざます♪
 えーいわゆるそのぉ~
と、ワタシは主張するものでありますッ!!

で、どんなアイデアが出たの?

アタマの固くなったオトナには出てこないアイデアに、膝を打ったり、のけぞったり。

この場で、ご紹介したいのはヤマヤマなのですが。。。

来月に応募するので、お伝えできませんっっ!

「表現」づくしのウィンターコース

このコンテストには、中2生だけでなく中1生も学年全体で参加します。

中1生も、理科の夏休みの宿題として、自由研究の発表会をしたり、演劇ワークショップをしたりと、大勢の前で発表する経験を重ねています(自由研究の発表の様子はこちら)。

そして来週には、中1生に続いて中2生にも演劇ワークショップが行われます。

教科の枠を超えた様々な取り組みを通して、中学生たちが表現力を磨いてくれることを期待しています。

2016年12月21日水曜日

本校受験予定のみなさんへ ~本校生からのエール~

こんにちは 金蘭千里中学校・高等学校です。


一年前の今ごろ、現中一生は中学受験を目前に控え、皆さんと同じような状況にいました。その時のことを思い出しながら、皆さんへのメッセージを届けます。


○ 僕は金蘭千里が第一志望だったので、合格したとき、3年間塾に行って勉強したのでとてもうれしい気持ちになりました。


○ 苦手科目があっても最後まで諦めずに勉強し続けてみて下さい。
入試本番は、解けない問題があっても、この問題は自分以外にも解けていない人がたくさんいるのだということを心において頑張って下さい!


○ 入試本番はカイロを大量に持っていくことをおススメすます(笑)手がかじかむと、問題を解くスピードが落ちてしまうので。


○ 受験勉強、大変ですね。私も去年のこの時期は忙しかったのですが、終わって合格した後はスッキリしますよ!第一志望合格を目指して頑張って下さい!!そして、金蘭千里に来ることになればよろしくお願いします。


○ 金蘭、時計ないから気を付けて!!いつも通りやれば受かる!!


○ 中学受験はとても辛いものです。今は本当に辛い時期だと思いますが、ここをふんばると1月は明るく迎えられます。受験が笑顔で終わっても涙で終わっても、悔いのないようにしてください!私達は、新学期に新中一生を迎えられることを楽しみに待っています。


○ 入試のときはあまり緊張せずに、平常心を保つことを心がけて。


○ 受験なんて楽勝、楽勝!!


○ 時間配分を大切に!入試本番は意外と緊張しません。自分の最大の力を本番で出せるように頑張って!


○ 二十分テスト、大変です。けどおもしろい。
理科の実験とかおもしろい。
理科の資料集はくわしくて面白い。
生徒同士が仲良い。


○ 受験はリラックスが大事!がんば!!


○ 入学してからが楽しいので、今頑張って勉強をしたらいいが、体調をくずし、無理をしてはいけない。受験当日まで、気をゆるめず万全の状態で全力を出す。


○ あきらめずに勉強頑張ってください!今がふんばり時だと思います。クラブもあってとっても楽しいです!


○ 合格して中学校に入ると、新しい友達ができ、ほんっとうに楽しいし、良い先生達とたくさんの出会いが待っています。目先のことだけにとらわれず、もっと後のことも考えて、残り少ない日数頑張ってください。あなた達がこの学校に入学してくることを楽しみにしています。


○ 前日眠れないかもしれないけど、目をつぶっていると自然に寝られる。


○ 去年の私は、残り一カ月を切ると、金蘭千里に絶対入るんだ!とか、4月にはあの制服を着ていたいとか、とにかく自分の気持ちを高めて勉強していました。同じくらいの学力でも、気持ちの強さで合否がわかれるかもしれないです。ぜひ、精一杯頑張って、私達の後輩になって下さい!応援しています!!


○ 緊張すると思うけど頑張れ!受かったとき、めっちゃうれしいで。


○ あと一カ月で天国だ!!
入学後、毎日勉強するクセをつけよう!!
We are waiting for you !!
入試の翌日の夕飯が世界一おいしく感じるか世界一まずく感じるかは、君シダイ!!


○ 受験まで長い道のりだったと思います。努力は必ず自分を裏切らない。最後まであきらめずに自分を信じてラストスパート頑張って下さい。


○ 今まで頑張ってきた自分を信じて臨めば絶対大丈夫です。気を付けるのは、直前に風邪をひかないようにするだけ!!頑張って下さい。応援しています。




すべては紹介しきれませんが、現中一生も懸命に努力して本校に入学したのだということが伝わってきました。
精一杯頑張ったからこそ、一年前のことを忘れず、さらに現在の学校生活を充実したものにできているのでしょう。


寒さ厳しき折、共に歩まれている保護者の皆さまも、体調を崩されませんようにくれぐれもご自愛下さいませ。


本日もブログへお越しくださり、ありがとうございました。



2016年12月17日土曜日

校外学習 ~日本の伝統文化を学ぶ~


こんにちは 金蘭千里中学校・高等学校です。

 

今年も残りわずかとなってきました。

 

高校1年生が、去る12月1日(木)に校外学習で京都市内に出かけました。

伝統文化プロデュース「連」様および公益財団法人有斐斎弘道館様のお骨折りによって実現した企画です。

 

本校では、「弾力的国際人を育てる」という目標のもと、「知識-体験」軸と
「日本文化-異文化」軸で位置づけをしています。

今回の行事は、日本の伝統文化」に触れる機会が設定されているものの一つです。

 

訪れ先は

  ①有斐斎弘道館…茶道体験、数寄屋建築と庭園

小堀遠州筆の掛け軸、豊臣秀吉が使った湯呑み、
無駄なく流れるようなお点前など

 
 
 



 

 
   ②冬青庵能舞台…能楽体験、能楽師のお話、能の鑑賞
    姿勢の大切さ、発声の仕方 など
 
まっさらな白靴下を履きます
 
 

  
舞い・謡いなど役を担います
 
 
 
  ③京都ブライトンホテル…昼食を兼ねた和食マナー指導と懐石の基本
    箸の持ち方、お椀の蓋の取り方から周囲への気遣いまで

 
 
 
 
  ④京都御苑…御所の歴史的遺構と庭園を散策
    紫宸殿・清涼殿など平安文学でもお馴染みの建物
 
 
 

 

③を全6クラス同時に、それ以外は2クラスずつ三グループに分かれて回りました。後日、お世話になった方々への礼状を書き、お送りしました。

 

・ 初めて能を拝見しました。大変迫力があり、能の世界に引き込まれました。実際体験してみて、能を演じる大変さがよくわかりました。
・ 茶会で、皆が静かに飲んでいる時、昔の人も私達と同じように楽しむ景色が目にうかび、“繋がっている”雰囲気を味わいました。
・ 普段は気にかけることが少ない日本の文化が、大変奥が深いものだなと思いました。
・ 社会に出てからこの礼儀を思い出し、恥ずかしいことのないよう過ごしていきます。
・ 日本人が昔から現代まで変わらずに持ち続けている相手を思いやる心。それが茶道・能・食事のマナーのすべてにつまっていて、改めて自分が少し大切なものを忘れてしまっていたのではないかなと思い直すことができました。
・ 日本人が古くから持つ「おもてなし」の心や相手を敬い、感謝の心を忘れないということを私も日常生活の中に取り入れたいと思いました。
 
ほんの一部ですが、上記のような感想を認めていました。
 
さて、本校を受験される予定の皆さん、入試まで残り約1カ月です。体調管理に気をつけて、最後の仕上げに取り組んでください。ご健闘をお祈り申し上げます。
 
本日もブログにお越しいただきまして、有難うございました。

2016年12月14日水曜日

勉強しています

こんにちは、金蘭千里中学校・高等学校です。


12月も半ばとなり、本校の中学入試の受付も始まりました。

さて、本校で毎朝実施される20分テストも、2学期は12日で終了しました。20分テストは1日1科目行い、国語・数学・英語・理科・社会の5教科で集計し、クラス内の席次をつけて成績表をお渡ししています。

年間30週の実施ですが、2学期までで23週が終了しました。中一の皆さんも、100回以上のテストを受けたことになります。予習、復習のよい習慣も身についてきたことでしょう。

20分テストは終わりましたが、今日14 日と明日15日に、中一から高一までは総合テスト、高二と高三は校内模試が実施されます。これまでの学習の確認ができ、学年全体での自分の位置を知ることにもつながります。

先週末から、生徒は総合テストに向けた勉強に熱心に取り組んできました。放課後の様子をご紹介しましょう。

図書室で

自習スペースで




職員室の質問コーナーで


この時期、学校によっては期末試験が終わって、もう答案が返却されるだけなのかもしれませんが、本校では引き続き授業が行われます。22日まで1日6~7時限の授業があり、24日に終業式、センター試験が近づいている高三以外はその日から補習授業に突入します。

何かと楽しいことも多い年末ですが、本校生はまだまだ頑張ります。


本日もブログをご覧いただき、ありがとうございました。

2016年12月10日土曜日

身体で表現する楽しさ~演劇ワークショップ(中一)~

こんにちは、金蘭千里中学校です。

今日は中学一年生の全クラスで行われた「演劇ワークショップ」についてお伝えします。

本講座は、劇団衛星http://www.eisei.info/さんの協力のもと全3回行われました。






まず行われたのは、クラス全員で輪になって座り、隣りの人へ順番に言葉を語りかけるというものです。

最初は言葉を発さずに目線だけを隣りの人へ送っていきます。

笑ってはいけません。



次に、「うそ?」「ほんと?」のどちらかの言葉だけを隣りの人へ伝えていきます。

このとき方言にしたり、丁寧語にしたりアレンジして構いません。

伝えられた人はそれに対して「うそ」「ほんと」のどちらかの言葉だけで返事をします。

同じ言葉でもいろんな言い方・イントネーション・表現のしかたがあることに気付きます。



最後に、何でもいいから隣りの人へ伝えます。

「こんにちは」でも「あ、UFO!」でも「靴黄ばんでますよ」でも何でも構いません。

言われた人は言われた言葉に対して適切な言葉と態度で返事をしなければいけません。

瞬時に場面を想像し、的確な返答を探す、日常でも必要な社会性を磨きます。



その後、班に分かれて言葉を発さずにジェスチャーだけで伝言するゲームが行われました。

「サンタクロース」というお題は、最後の人には「桃太郎」や「もやし」や「バイク」と伝わっていました。

身体だけを使って表現することの難しさを体感しました。






2回目の講座では、少し難易度が上がります。

誰が何を言うかだけが決まっている寸劇を、班に分かれて披露します。

全く同じセリフですが、どんな場面でどう言うかは、班で相談して決めます。

セリフは以下の通りです。



A 「おはよう」
B 「おはよう」
C 「家こっちだっけ?」
D 「うん」
C 「遠くない?」
D 「遠いよ」
E 「今日は黒毛和牛の日だよ」
F 「そうだね、忘れてた」
B 「急ごう」
A 「うん」



班によっていろんな解釈・表現があり、そんな解釈もあるのかと感心させられることもありました。

みなさんはどんな場面を想像されるでしょうか。

・6人が友人で同じ方向に歩いている
・3人ずつのおばちゃんグループが道端でばったり
・5人で歩いていると変質者Eさんに出会い、急いで逃げる
・6人がLINE上で会話している(動きほぼ無し)

などなど、クラスや班によって全然違う解釈・表現のしかたがあることに気付きます。

劇団の方々もここはこうした方がいいよと的確にアドバイスしていただきました。






最終日は、さらにレベルが上がります。

以下のように行動だけが決まっています。



AとB座っている
そこへCとDとFやってくる
するとAとB立ち上がる
最後にCとDとF座る
※Eはどこで出てもよい
※イスは3つ使うこと



そして場面は以下の6通り。

①電車の中
②図書室
③山の頂上
④すごく寒い日の公園
⑤病院の待合室
⑥家の修理中



どの班がどの場面の劇をするかくじ引きで決まります。

セリフや配役は自分たちで相談して決めます。

表現力だけでなく想像力(創造力?)も必要です。

答えのない問題に生徒は悪戦苦闘です。

なぜか安倍首相が出てきたり、電車の中でマナーの悪い人が注意されたり(実話?)、彼らの想像力はこちらの想定をはるかに超えてきます。

そんな彼らの姿に頼もしささえ感じました。



以下、生徒の感想より

・劇が終わったときの達成感があった
・劇には人の事を笑わせたり感動させる力があると感じた
・みんな日に日にレベルが上がっていった
・チームワークの大切さ、劇の楽しさ、不思議さを感じた
・恥ずかしさを捨てて演じることができた
・人前に出るとき緊張しなくなった
・自分たちだけで劇をつくるのはおもしろい
・プロの俳優さんや女優さんはすごいと思った
・声の出し方や言い方によって同じセリフでも違う感じに聞こえてびくりした
・同じ班になった人と協力できてよかった
・ジェスチャーで物事を伝える難しさを感じた
・みんなの個性がみれて楽しかった



本日も当ブログへお越しくださりありがとうございました。


2016年12月6日火曜日

ウチの学校の図書室、小さいねん。

本校の図書室を、私的に、妄想モノローグ調で、自慢いたします。


公的な自慢はこちらをご覧ください(クリックするとリンク先が新しいウィンドウで開きます)。








きれいやろ、朝靄の千里北公園。ガッコウの隣にあるねん。


露で輝く草はらを抜けて


黄いろの絨毯の先にある丸太の階だん登ったら


ほら、目の前がもうガッコウやねん


朝テスト受けてるときも、いい風が入ってくる


ベランダのぞいたついでに下の図書室行こか


図書室前のとこ、光の広場いうねんて


落ち葉がここまで落ちてるわぁ


好きな本読んだり、勉強したり、いろいろやなぁ


窓が大っきいから、光が中まで差し込んでる


棚の上まで本がぎっしり


ほんま明るい図書室や


赤本の上には


いろんな仕事の本


高3の先輩がよく読んではる歴史まんがの下には


海堂尊や南木佳士があるかと思えば、『動物のお医者さん』?、そんでもって『JIN』!?


反対側には、けったいな事典や図鑑がいろいろ。あっ、ウンベルト・エーコやんか♪


朝井のリョウくんに、あさのあつこもあるある♪


文庫サイズも充実してる。あぁ幸田文さまが★ その背後では『現実脱出論』がぴょこん!


それからかみさま手塚先生、となりに天童荒太がいるかと思いきや、眼下に怪盗クイーンとな☆


『ミジンコはすごい!』とファーブルが列をなしたら、縁の下には『ちはやふる』♪


自分のガッコウやけど、なんかけったいな図書室やわ~


なになに、このおっちゃん!?


裁判と経済のコーナーには・・・うわ、『カバチタレ』あるやん。。。佐藤雅彦も島耕作も顔出してるっ


そこらへんの書店より、相当おもろい品ぞろえしてんで♪

新しい本がどんどん増えてってるし、またあした来ーよーおーっと。