2017年5月25日木曜日

アボガドロ定数


こんにちは、金蘭千里です。

本日は、高校化学の授業の様子をお伝えします。

 今日は「アボガドロ定数の測定」という実験が行われました。化学が苦手な人でも、アボガドロ定数という言葉は聞き覚えがあるのではないでしょうか。物質の最小単位である原子はとても小さいので、化学で物質の量を扱うときは、原子をたくさん集めて一つの固まり(モルmolという)として考えることが多いです。では一体原子を何個集めてくるかといいますと、それが 6.0×1023(アボガドロ定数)個です。この実験では、岩塩の体積と質量から実験的にアボガドロ定数を見積もってみようというものです。


まず、岩塩を削り、きれいな直方体の結晶をつくります。
岩塩を削る様子




綺麗に削れました



なるべく綺麗な面の多い結晶が取れたら、次にノギスを用いて、各辺の長さを測定します。

ノギスで各辺の長さを測る様子

さらに、質量を測定し、理論式からアボガドロ定数を割り出します。


班によっては6.3×1023と非常に理論値に近い値をだす班もあり、誤差が何から生まれるのか議論し考察していました。


実験は出てきた結果に対する考察がとても大事です。なぜそうなるのか、必ずしも正解が決まっているとは限らないところに自然科学の面白さがあります。皆様ご一緒に、金蘭千里で実験してみませんか。


本日もブログにお越し頂き、ありがとうございました。




2017年5月22日月曜日

中1 テント立て方講習会

 
こんにちは、金蘭千里です。


5/12(金) 初めてのキャンプ実習に備えてテント講習会がグラウンドで行われました。

中尾先生より、

1つ1つの器材についての説明があり、

続いてテント設営の手順を分かりやすく教えて頂きました。

説明途中のワンポイントアドバイスは、皆、必死でメモを取っていました。


まずは支柱の組み立て方から始まり、、、


支柱が曲がっていないか確認。

いよいよテントの登場です。

一番大事な「親綱」をペグで固定する位置を決めます。

支柱にテントを差し込みます。

 
支柱が真っすぐになるよう「親綱」で張り具合を調節します。


素晴らしい!!!

コーナーロープ、サイドロープをペグを使って地面に打ち付けます。

中1担任団のテントが完成しました!!!
 
 
     「イメージがわいた!」 
 
      「しっかりしたテントが立てれるかな、、、」
  
     「テントで寝るのが楽しみ!」
  
     様々な感想が聞けました。
 
  
 
 

ある女子生徒のノート

男子生徒のノート
 
 
そして、翌日13日(土)の朝のLHRで、、、
 
「テントの立て方 テスト」が行われました!
  
問題は以下の通りです。 
 
(   )組(   )班  班員(                )
<親綱・サイドロープ・コーナーロープ・支柱立て・グランドシート>どの順番で使う?
 グランドシートの表裏の判断はどうする?
親綱のペグを打つ位置はどう決める?
支柱を立てる場所は?
入口のファスナーはいつ閉める?
ペグを打つ時の注意点は?
ランナーって何?その使い方は?
テントがちゃんと立っているかどうかの判断基準は?
テントは何分以内に立てることが望ましい?(※佐藤先生・土居先生基準では5分)
 
 
初めての本校のキャンプ実習、慣れないことが多々あると思いますが、
 
キャンプ活動を通じて、班で協力し、クラスメイトの良いところを
 
たくさん見つけて、元気に笑顔で学校に帰って来て欲しいです。
 
 
 
本日もブログにお越しいただきありがとうございました。

 

2017年5月17日水曜日

第1回 学校説明会

こんにちは、金蘭千里です。

去る5月6日(土)に本年度第1回学校説明会を実施いたしました。

ゴールデンウィーク真っ只中の開催であったにもかかわらず、多くの児童・保護者の方にご来校いただきました。誠にありがとうございます。

今回の学校(入試)説明会流れは以下の通りです。

①吹奏楽部による演奏

②校長講話

③クラブ紹介

④「たのしさ」について

⑤生徒インタビュー

⑥「まじめ」 → 「本当の自由」について

⑦入試について

また説明会後、希望された児童のみなさんにはクラブ体験をしてもらいました。

特に生徒が登場するクラブ紹介、インタビューは生徒の生の意見が聞ける場として好評です。その時の様子です。

ESS部

PC部

サッカー部

ダンス部

バドミントン部

バレーボール部

ボランティア部

ワークアウト部

写真部

卓球部

合唱部

文芸部

百人一首部

男女バスケットボール部

演劇部

書道部

科学部

鉄道研究部
生徒インタビュー

今回紹介出来なかったクラブにつきましては、第2回、第3回の学校説明会に登場いたします。ご期待ください。

最後に、アンケートに記載していただいた感想の一部をご紹介いたします。

「学園生活の改革を積極的にされている印象を持ちました」

「クラブがたくさん増えたことが魅力的です」

「クラブ紹介やインタビューなど生徒が見られるところがとても良かったです」

「生徒の方がみなまじめで良い教育をされていると感じました」

「校長先生の話がとても心に響きました」

「すごくわかりやすい説明会でした」

「少人数制に魅力を感じました」

「昔から良い学校だと感じています」

「吹奏楽部がどんどん腕を上げているのが凄いです」

「知人の在校生の方が学校が楽しくて仕方ないと言っており、ますます入学したくなりました」

「生徒を表に出せる、というのは学校が生徒を信頼していることの現れだと思うので非常に良かった」

「塾の先生から、ここ数年改革されてとても人気の学校とうかがって参りました」

「授業見学させていただけるとのことなので、また見学させていただきたいと思いました」

「緑が美しく生徒さんたちの表情が良かったことが印象的でした」

「色々な場面で金蘭千里の生徒さん達のさわやかな挨拶に親子共に感動しております」

「真面目な生徒さんが多いように思いました」

「しっかりと学習に取り組める環境であると感じました」

今後の説明会の予定は以下の通りです。

2回説明会 916日(土)

3回説明会 1022日(日)

みなさまのご来校心よりお待ちしております。

本日もブログにお越しいただきありがとうございました。

2017年5月15日月曜日

雑談

 
 
こんにちは、金蘭千里です。
 
数学の教師をしていると言うと、よく聞かれます。
 
『数学を勉強して、何の役に立つんですか? 
日常生活では、四則演算だけできれば全く困らないのに…』
 
 
確かに、受験に必要なケースを除き、普段数学で習った内容を意識して生活している人は少ないでしょう。
 
最近では、電卓を用いたり、パソコンに入力すると自動で計算してくれるので四則演算すらも出来なければ困るということはないかもしれません。
 
 
私に数学を教えてくれた先生は「こう答えることにしているんです」と教えてくれました。
 
『数学は100年先のことをしているんです。
例えば、電子計算機が初めて発明されるより、100年も前に理論は出来ていたんです。
 
高校数学で「複素数」という数を学習します。
これも役に立たない代名詞のように言われますが、複素数が使われていなければ、現在のジェット機は飛んでいません。開発・設計の段階で複素数が道具として使われているからです。
 
普段何気なく使っている電化製品も、複素数なしでは現在の状態には発達していません。
 
中学、高校で習った数学をベースとして、さらに発展した研究に進み、より過ごしやすい世の中を作るために努力している人が本校の卒業生にも大勢いて、社会に貢献してくれています。
 
 
本日もブログにお越し頂き、ありがとうございました。

2017年5月10日水曜日

五感を使って…!

 
 

こんにちは、金蘭千里です。
 
 

暖かい季節になりました。


本校では、多くの植物が花を咲かせています。
 
 
中学1年生の授業では、実際に外に出て植物観察を行っています。
五感を使うことが大切!!!

 
 
 
ツツジ
合弁花であることを確認し、蜜を吸ってみたり…
おいしいーーー!!!
 
 

シロツメクサ
必死に4つ葉のクローバーを探してみたり… 



オランダミミナグサ
触って、全体的に毛が生えていることを確認したり…
 
 
 
ハルジオン 
つぼみが垂れていることを確認したり…
ヒメジョオンとの違いの1つとして挙げられることですね。



ノゲシ
綿毛を吹き飛ばしてみたり…


 
スイバ
茎や葉を噛んで吸ってみたり…
 
すっぱーーーい!!!!!!
 
「僕も!」「私も!」と次々と!
 
 
 
カタバミ
ハート型の3枚の葉を用いて汚い10円玉をこすってみたり…
 
 
10円玉は…

  
 
 なんと、きれいに!
 
 
こすったあとの手のにおいや、10円玉のにおいを嗅いで
 
くさーーーーーい!!!!!
 
なかには、せき込む生徒も…
 
 
他にも、カラスノエンドウ、スズメノエンドウ、オニタビラコ、セイヨウタンポポ、コメツブツメクサ、マツバウンラン、ハハコグサ、キュウリグサ、ニワゼキショウ…書ききれないほどの植物に囲まれています。
 
生徒のみなさんは、五感をしっかりと使いながら植物と触れ合って、楽しそうに学習していました。
 
 
 
 
本日もブログにお越し頂き、ありがとうございました。