2017年2月25日土曜日

EUミニシンポジウム

こんにちは、金蘭千里中学校・高等学校です。


さて、今回は2月23日(木)に高校2年生を対象に開かれた、神戸大学ジャンモネCOE主催のミニシンポジウム「専門家からEUと日本の関係を学ぼう」についてご報告します。

EUに関するシンポジウムは、本校では5年前から毎年開かれています。生徒にとっては、レシーバーで英語と日本語の同時通訳を聴くことができるのも貴重です。

  
高二生の3名がすべて英語で司会進行役を務めました。司会の生徒からは、質疑の時間にはできれば英語で質問を、講演はできれば英語だけで聴いてみよう、と呼び掛けがありました。

 学校長による開会の挨拶。


そして、駐日欧州代表部政治部一等書記官のヴィクトル・スタニェツキ先生の講演「EUと人権政策」。

歴史も言語も多様なEU加盟国の統合のプロセスに触れられながら、一人ひとりの人権を守るためにEUはどのような活動をしているのか、ブラジルで原住民が追い出されるという問題が生じたときのご経験談も交えてのお話でした。

講演後の生徒からの質問は…

〈生徒からの質問〉
 トランプ大統領の考え方をどう思われるか。
 難民の受け入れ問題をどう思われるか。
 日本の人権政策をどう思われるか。

次々に手が挙がりました。もちろん、英語での質問です。



次に、神戸大学大学院保健学研究科教授の中澤 港先生の講演「なぜヨーロッパに比べて東アジアの少子化は激しいのか?」。

世界の少子化の原因は何なのか、ヨーロッパと東アジアのTFR(合計出生率/合計特殊出生率)を比較しながら文化的、社会的、身体的にアプローチされた研究を、詳しいデータとともにご紹介くださいました。

〈生徒からの質問〉
  東アジアの少子化はどういうところを直せばいいのか。
  少子化の原因に社会サポートの低さがあるがなぜ上げていかないのか。
  少子化を悪いものとせず受け入れるという選択肢はないのか。



最後に、神戸大学国際連携推進機構EU総合学術センター准教授の花田エバ先生の講演「EU:平和、繁栄と現代の世界におけるEU」。

多様性の中の統合ということの大切さ、平和や繁栄を分かち合うためにEUがどのような支援をするのか、EUの経済や政治的影響力の大きさについてなど、スロバキアへの支援に関する具体例とともにお話をいただきました。

〈生徒からの質問〉
 EUをマネージするのは難しいのではないか。
 イギリス人はどうしてEUを脱退しようと考えたのか。



神戸大学大学院経済学研究科教授の萩原泰治先生による閉会のご挨拶があり、終了となりました。



生徒は真剣に取り組み、多数の生徒が手を挙げて活発に質問し、たいへん密度の濃い時間となりました。




先生方の熱心なお話を聴かせていただき、“世界”に目を向ける絶好の機会となったことでしょう。お世話になった関係諸機関の方々に深くお礼申し上げます。

将来、生徒達がこの貴重な経験を活かし、世界へ羽ばたいて大いに活躍してくれることを期待したいと思います。




本日も、当ブログへお越しいただきありがとうございました。

2017年2月22日水曜日

中一講演会~ナレーター松尾明子さん~

こんにちは、金蘭千里中学校です。

1月31日(火)、本校中学一年生を対象に、ナレーターの松尾明子さんによる講演会を開催しました。

松尾明子さんのプロフィールは以下を参照してください。
http://www.mc-kikaku.jp/voice/matsuo/

「情報ライブミヤネ屋」(読売テレビ)や「よ~いドン!」(関西テレビ)などのナレーターをされている方です。




父から「変わった声だ」と言われたことがきっかけで、自分の声に興味を持った松尾さん。

声の作り方・表情によって印象がかなり変わるということを教えてくださりました。

「ありがとう」や「ごめんなさい」も、表情や声のトーン、アクセントを変えるだけで全然違ったものに聞こえます。

特に、前歯を見せるように声を出すと、それだけで声が明るくなるそうです。



生徒にも前に出てきてもらい、実演してもらいました。

挨拶の大切さ、姿勢・表情による印象の違いなど、わかりやすく説明していただきました。



以下、生徒の感想です。

・あいさつが大事なことだと改めて思い知らされた。先生や先輩に積極的にあいさつしていこうと思った。

・夢を持つことの大切さを教わった。

・自分にとって嫌なことや楽しいこと全てに全力で挑戦しようと思った。

・日本語が世界で一番難しい言語と聞きとても意外だった。

・言う、話す、しゃべる、語る、はどれも似たような意味だと思っていたが、少しずつ意味が違うということを学んだ。

・「欲望→行動→達成」が大事だとわかった。

・自分のしたいことを見つけ、それに夢中になろうと思った。

・日本語の大切さが知れて、さらに日本語が好きになった。

・将来の夢はまだないですが、なにか夢中になれることを見つけたいです。






松尾さん、貴重なお話をしていただき、ありがとうございました。



2017年2月17日金曜日

2月25日は学校見学会「きんらんせんりデー」の日です!

こんにちは、金蘭千里中学校です。


本日は、金蘭千里のありのままの姿をご覧いただける
「きんらんせんりデー」のお知らせです。

毎年ご好評を頂いているこの学校見学会ですが、
今年は2月25日の土曜日に実施致します!




進学先をご検討のみなさんにとっていちばん知りたい情報は、
「入学後の生活のほんとうのところ」
ではないでしょうか。

よそゆきのおすましした顔ではなく、
用意された聞こえのよい説明ではなく、
何もない「普通の日」を生徒たちが
どんな気分で、どんな顔つきで過ごしているのか?
これを直に見られれば……とお考えの方は多いと思います。

「きんらんせんりデー」は、そうしたご希望に
沿えるようにという発想からできたイベントです。
秋期に実施する説明会とは、この点で見せ方を変えております。

したがいまして、25日にご来校のみなさまには、
是非とも【午前中から】お越しいただきたいと思います。
10:30~12:15 の時程で、本校の授業を実際に
見ていただくことができるからです。

授業を公開するとなれば、当日の生徒の中には
機嫌が悪い子もいれば、やる気が乗らない子も必ずいるはず。
「あるがまま」をお見せするというのは、
本校にとって、当然リスクもあります。
30人学級の小ぶりな学校とはいえ、
さすがに全生徒のコンディションを最高の状態に
調整することなど、できません。

しかし、取り繕いようのない日常の姿を見ていただくことで、
初めて門を叩こうという気持ちをしっかりと固めていただける
ものと、私たちは考えています。
色々な状態の生徒が居る中で、
どんな態度で彼らや私たちが授業に向かっているか?
ここを直に感じていただければ、金蘭千里をご信頼いただける
はずだという自信も、我々にはあります。
学校関係者総出で育てている「真剣な向上心」に直接触れてみて下さい。


午後は、本校のようすを見に来て下さったみなさんを、
クラブ発表会と学校説明会でお迎えすることになっています。

講堂での発表には、

吹奏楽部、ダンス部、合唱部、ESS部、演劇部

が名を連ねております。
50周年改革を契機に創部されたクラブがほとんどで、
技術的には「これから」というパフォーマンスも
多いかと思いますが、こちらは可能性を感じながら
ご鑑賞いただければ幸いです。

合唱部は、今回のメンバー随一の伝統を誇っております。
長い伝統の厚みに触れてみて下さい。

また鉄道研究部とボランティア部にについては、
日頃の活動の成果を佐藤記念講堂ロビーにて展示致します。


さらに今回は、毎年秋に行っている学校説明会を
クラブ発表会と併せて行うことになりました。

吹奏楽部の発表後に40分ほど、
本校の教育方針や進学実績、学校生活やイベントについて説明致します。
本校の魅力を一段と知っていただく機会ですので、
こちらも是非ご参加ください。

ちょっとズッコケなところも含めて、
金蘭千里生の明るく頑張る姿を見に来ませんか。
入学希望者でなくても大歓迎です。
多くのご来場を、お待ちしております!

2017年2月16日木曜日

第18回 合唱祭

こんにちは、金蘭千里中学校・高等学校です。


昨日、合唱祭が開催されました。
合唱祭は、中学一年生から高校一年生まで、クラスごとに合唱を発表し、審査員の先生方の審査により入賞を決めるコンクール形式の発表会です。


文化祭、体育祭と同様に、各クラス2名の運営委員を中心に選曲から練習、本番の運営までをつくり上げていきます。
練習は主に放課後。日々の部活動や補習、更には例年のごとく流行するインフルエンザなどクラスのメンバー全員が揃うというだけでも大変なのですが、当然、全員が初めから「歌いたい」という気持ちではありません。約3カ月間、各クラス様々な困難を乗り越えて迎えた本番当日、開会前の会場は、生徒達の緊張と興奮が入り混じる独特の雰囲気に包まれていました。


開会の辞の後、まずは中学一年生。
課題曲3曲の中から各クラス1曲を選びました。
初めての合唱祭。身体や声がまだまだこれから出来上がってくる生徒達。緊張の中、中学一年生ならではの朗らかな歌声を届けてくれました。
各クラス、よく頑張りました!

続いて中学二年生。課題曲10曲の中から1曲を選びました。
最初のクラスの歌い出しから会場の空気が一変します。
ボリュームが増すだけでなく、女子の歌声が落ち着き、男子の歌声の質が変わり、それらが合わさりまさに『合唱』となりました。まだまだ変声期途中の生徒も多数いる中、いかに高音をきれいに出せるかが大きなポイントとなります。人前で歌うことが恥ずかしい年頃でもあります。それらを乗り越え、聴きごたえのある発表でした。

続いて中学三年生。合唱曲集の中から1曲を選びました。
合唱曲集とはいえ、やはり、選曲が大きなポイントとなります。
男女とも声はしっかりと落ち着き、伴奏者、指揮者と一体となり、それぞれの曲にいかに言葉をのせ観客に届けるか、を意識した歌声です。
中学三年生は、中学卒業を目前に控え、この三年間の締めくくりとなる発表。中学最高学年にふさわしい、エネルギー溢れる発表でした。

最後に高校一年生。自由曲1曲です。

参加学年の中で最高学年となります。中学生とは異なり、音楽選択生がいないというクラスもあります。これまで培った経験をいかに活かすか、選曲の段階から各クラス様々な意見が出たことでしょう。これが金蘭千里での最後の合唱祭。入学から四年目のチームワークも加わり、各クラスがそれぞれの個性を発揮し、温かく素晴らしい歌声を届けてくれました。

続いて合唱部の発表。今年は「今、ここに」(アカペラ)と「手紙」の二曲です。
歌声とともに、会場が静まり返ります。「合唱」は人数だけで決まるものではないと改めて感じさせられる洗練された歌声が会場全体を魅了しました。


さて、ついに結果の発表です!
トロフィーを手に入れるのはどのクラスでしょうか?


昨年から加わった最優秀指揮者賞と最優秀伴奏者賞の発表に続き、それぞれの学年の第2位と優勝が発表されていきます。発表される度に会場は歓声とどよめきで包まれ・・・。
盾を持ちあげ喜びを表現。
「ありがとうございました!」 会場に向かって一礼。会場全体が拍手で包まれました。


学校長の総評の後、音楽科の河邉先生の審査講評があり
最後に会場にいる全員で「故郷(ふるさと)」を合唱し、閉会の辞で合唱祭の幕は下りました。


3時間という長丁場ではありましたが、各学年の発達段階の歌声の成長が感じられるとともに、生徒達一人ひとりのエネルギーが歌声という形でしっかりと観客の心に届けられ、今年度も素晴らしい時間となりました。


本日の合唱祭を経て来年度、また一段とブラッシュアップされた合唱祭をみせてくれることでしょう。


今年度の合唱祭について、河邉先生より後ほど感想をいただきました。


全学年、全クラスが最終的には一丸となって合唱できたことが何よりも素晴らしかったです。
・男子の歌声が年々響き渡るようになってきました。男子の声が響くことで、女子の声もさらに引き出され、全体として重厚感のあるハーモニーを奏でることができるようになります。『男子の声』がポイントです。今後の参考までに。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


【受賞クラス・受賞者】(発表順)


(最優秀指揮者賞) 北山 有紀 (高一3)
(最優秀伴奏者賞) 辻本 祐   (中三5)


(中学一年) 2位 6組 「ひとつぶのいのち」
                    優勝 3組 「朝の風に」  
(中学二年) 2位 2組 「明日の空へ」
                    優勝 3組 「大切なもの」
(中学三年) 2位 4組 「瑠璃色の地球」
                    優勝 5組 「YELL」
(高校一年) 2位 1組 「3月9日」
                    優勝 3組 「プレゼント」
         

(最優秀賞) 高校一年3組


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



本日もブログへお越しくださり、ありがとうございました。




















2017年2月10日金曜日

期待ふくらむイギリス研修

 こんにちは 金蘭千里中学校です。  去る1月28日(土)、次年度7月下旬からの約20日間で予定されている、高校1年生対象のイギリス研修に向けて、対保護者・生徒説明会を佐藤記念講堂にて開催しました。 現中3在籍の約6割の生徒が参加を希望しています。


 最初に学校長から「自分が校長になって手がけたことで、20年目になる。観光旅行とは異なる思いで参加してほしい。例えばスマホを操作することなくスタッフと話すなど、心がけなさい。」などのメッセージがありました。

 次いで、イートン&ハロウ日本事務所所属エドモンド・キング氏から、イートン校についての紹介がありました。オックスフォード、ケンブリッジ両大学に多くの卒業生を送り込み、この国の指導者を多数輩出させてきました。キャメロン前首相をはじめ19人の英国首相、また、ウィリアム王子もイートン校出身です。


 



   さらに昨年引率した教諭からイートン校およびハロウ校での研修の様子を説明し、その魅力をアピールしました。  







 既に、イートン校・ハロウ校別に希望を採り終え、抽選を経て参加人数が決定しました。
  イートン校 男子 7名、女子40名
  ハロウ校  男子29名、女子14名


イートン校関連のHPより


 次は、3月4日(土)に、旅行申し込み書やパスポート関係など提出書類について、生徒対象のオリエンテーションが予定されています。

 今年度の参加生徒のなかには、将来イギリスで仕事をしたいとの意気込みを語った者もいたそうです。英会話のスキルだけではなく、海外の歴史・文化に触れることで日本のことを再認識するなど、視野が広がる絶好の機会となることでしょう。


 また本日は、来る15日(水)に催される合唱祭の予行演習(中3・高1)を行いました。本番が近づくなか、練習の成果を確かめ、最後の仕上げにかかります。





  本日もブログをご覧いただき、有難うございました。

2017年2月9日木曜日

演劇ワークショップ the movie

今回は、中2の演劇ワークショップの様子をお届けします。

1回目のアイスブレイクで心と体をほぐした彼ら。

2回目と3回目の授業では、『桃太郎』のお話を題材に、その中の場面をピックアップして、
ホラー風、SF風などに変換させてお芝居する課題に挑戦しました。

各班、与えられたわずかな時間を使って、構成・役回り・台詞・動きなどを決めていきます。


考える時間が短いので、座って話し合う時間はありません。

プロの舞台俳優である講師の先生から
「とにかく立って、動いて考えていく!」
「動いているうちに、アイデアは浮かんでくるよ!」
と声が飛びます。

この班は、EXILEのようなフォーメーションになっているけど、どんな話?

呼ばれて飛び出てじゃじゃじゃじゃーん!

与えられた場面の大きな流れをつかみ、それをたとえばホラーに置き換える際、元の話の何を残し、何を変えていくか、そのさじ加減がミソになります。

台詞や動きを確認しながら20分程度でどんどん話を作り上げていきます。

悩んでいる時間はないので、みんなが主体的に話の方向性を探り、積極的に自分の役回りを提案していきます。


さていよいよ発表タイムです♪(以下の動画は音が出ます。ご注意下さい)


この班は、『桃太郎』を現代に置き換える課題でした。

とある会社。
会社員のモモタロウ君は上司に呼ばれ、営業成績が一位だったこと評価され、課長に昇進することを告げられます。

場面は変わって電車の中。

喜びの余韻に浸っていたところ、痴漢に間違われてしまいます。

後日、会社で再び呼び出され、辞職をせまられるも、きびだんごを賄賂として渡し(!?)危うく首がつながります。

場面転換の際に、仕切りを巧く活用していますね。

また桃太郎君がジャケット脱いだり着たりすることで、そのことが分かりやすく観客に伝わります。

各班の発表の後には、俳優さんから感想とアドバイスがあります。

演技力自体を求められているのではなく、どのように工夫すれば伝えたいことが相手に伝えられるか

そのことを自分たちでやってみて、さらにその後プロの目で振り返ることが、コミュニケーションについての大きな気づきと学びにつながっていきます。



この班は『桃太郎』を恋愛ものにする課題でした。

モモタロウはなんと浮気中。
しかもそれがお隣さんの目撃証言で奥さんにバレることに。
愛想を尽かされたモモタロウですが、あっけらかんと愛人に電話をかけ、晴れて?新しい奥さんを手に入れます。

テンポもよく、意外な展開もあって観客を引きつける力がありました。

講師の先生のコメントにもあったように、後ろの仕切りから浮気現場が見えるという工夫も技あり!です。



これまでも講師の先生が繰り返しおっしゃっていたことは、
「表現するリスクを引き受けること」
「中途半端にやるのではなく、やりきること」
でした。

演技は拙くとも、みんなそこは実践できていたので、見る側も楽しめたのだと思います。

相手に何か伝えたいことがあるときにはどうすればよいか。
ちょっとしたことばのチョイスや仕草一つで、伝わり方が変わります。

また、他の人と話し合う中で、自分だけでは思いつかないアイデアや工夫も生まれたことでしょう。

コミュニケーション力や協働性を学ぶツールとして、演劇の有効性を改めて再認識した授業でした。





最後に衝撃的!?な作品をおまけで一つ。
アカデミー賞級の迫真の河童をお楽しみください。


2017年2月4日土曜日

初釜茶会

こんにちは、金蘭千里中学校・高等学校です。



今日は、年が改まってすぐの1月11日に開かれた、茶道部の初釜茶会をご紹介します。


これまで部員たちは、何度かお茶会を経験してきました。文化祭では亭主側で、引退茶会や学校外の本格的なお茶室でも数回、客として参加したことがあります。


今回は、文化祭のお茶会とは違って、教員はほとんどタッチせず部員だけで企画、準備をし、校長をはじめ数名の先生を招待するというものでした。


案内状の作成とお誘い、お菓子とお茶碗の選定や準備、役割分担などを自分たちで話し合って決めたそうです。


掛け軸は、「萬歳聲」。花は、山茶花(さざんか)蝋梅(ろうばい)主菓子は常磐饅頭干菓子は、春日大社の福飴。これらは先生方のご協力もあって揃えることができました。


さて本番。これまでのお茶会で経験してきたことを発揮できたでしょうか?




お茶会はスムーズに(?)進み、無事(?)終了。お客様からは楽しかったというご感想をいただいた、ということでした。


お茶会の後はみんなでお菓子とお茶をいただき、ほっと一息。



うまくいったところ、楽しめたところ、反対に思い通りにならなかったところ、準備不足であったところなど、席中でも水屋でもそれぞれに感じたことがあったことでしょう。


自分たちの手で企画・運営をしてみて、お客様をもてなすとはどういうことなのか、何か気付いたことや理解できたことがきっとあったはずです。この経験を活かし、今後も精進を続けて、より心のこもった「おもてなし」ができるよう頑張ってほしいものです。



来年度の文化祭では、また一段レベルアップしたお茶会が期待できそうですね。楽しみにさせていただきましょう。



本日も当ブログをご覧いただき、ありがとうございました。

2017年2月1日水曜日

第50回 高等学校 卒業証書授与式

こんにちは、金蘭千里中学・高等学校です。

1月26日(木)、高等学校の卒業式が粛々と執り行われました。

高校三年生、卒業おめで…。




卒業式には、卒業生の保護者、教職員、中学生も含めた在校生全員が参列し、祝意を表します。




式は、式次第にそって進行します。




今年は、全ての曲を吹奏楽部が演奏することになりました。

一同起立!




初めに国歌と校歌斉唱。

そして卒業証書の授与が始まります。





担任に呼名されたら、返事をし校長先生から卒業証書を受け取ります。

その後、担任の前で礼をしたあと、壇上から降りて行きます。




この儀式には、学校でお預かりした生徒を、再び保護者様のもとへお返しする、という意味が込められています。

卒業生全員に卒業証書が授与されました。



在学中に優秀な成績を収めた生徒に、三つの賞「商議員賞」「佐藤賞」「金蘭千里賞」が授けられます。



今年も三人の生徒がこれらの賞を授与されました。

おめでとうございます。



その後、学校長式辞、尚友会(本校の同窓会)会長祝辞、保護者会会長祝辞へと続きます。






続いて在校生総代送辞。



後輩から卒業生に向けて、今までの感謝の気持ちを述べました。



それを受けて、卒業生総代答辞。




6年間のさまざまな思い出、先生方への感謝、これからの決意などが語られました。





最後に「仰げば尊し」を卒業生、在校生、教職員で歌ったあと、在校生による「蛍の光」の合唱で退場となります。

感極まり、涙する卒業生、担任の先生もいました。






そして祝賀会へ。

卒業式の後は、体育館に移動し、祝賀会となります。



最初に三カ年皆勤賞、六カ年皆勤賞の表彰がありました。



三カ年もすごいですが、六カ年皆勤は並大抵の精神力では達成できません。

本当によくがんばりました。



担任の先生方には花束などの贈呈がありました。





6人の担任のうち4人は、中一からの持ち上がりです。

生徒から担任に、サプライズのプレゼントもありました。

担任と写真を撮ったり、卒業アルバムにメッセージを書いてもらったり、最後の時間を思い思いに過ごしました。



卒業生、その保護者、教職員で会食の後、おひらきとなりました。






翌日、高三の生徒の多くは自習室利用のため、登校してきました。

これからの私大・国公立大入試に向けて、日々がんばっています。

国語や英語は個別に添削指導、数学などは個別に質問対応を受け付けています。



旧制服最後の学年です。

旧制服が見られなくなるのはさびしいですが、それぞれの夢を達成すべく、3月には多くの笑顔が見られることを願っています。

「おめでとう」という言葉はそのときまで取っておくべきかもしれません。