2017年5月22日月曜日

中1 テント立て方講習会

 
こんにちは、金蘭千里です。


5/12(金) 初めてのキャンプ実習に備えてテント講習会がグラウンドで行われました。

中尾先生より、

1つ1つの器材についての説明があり、

続いてテント設営の手順を分かりやすく教えて頂きました。

説明途中のワンポイントアドバイスは、皆、必死でメモを取っていました。


まずは支柱の組み立て方から始まり、、、


支柱が曲がっていないか確認。

いよいよテントの登場です。

一番大事な「親綱」をペグで固定する位置を決めます。

支柱にテントを差し込みます。

 
支柱が真っすぐになるよう「親綱」で張り具合を調節します。


素晴らしい!!!

コーナーロープ、サイドロープをペグを使って地面に打ち付けます。

中1担任団のテントが完成しました!!!
 
 
     「イメージがわいた!」 
 
      「しっかりしたテントが立てれるかな、、、」
  
     「テントで寝るのが楽しみ!」
  
     様々な感想が聞けました。
 
  
 
 

ある女子生徒のノート

男子生徒のノート
 
 
そして、翌日13日(土)の朝のLHRで、、、
 
「テントの立て方 テスト」が行われました!
  
問題は以下の通りです。 
 
(   )組(   )班  班員(                )
<親綱・サイドロープ・コーナーロープ・支柱立て・グランドシート>どの順番で使う?
 グランドシートの表裏の判断はどうする?
親綱のペグを打つ位置はどう決める?
支柱を立てる場所は?
入口のファスナーはいつ閉める?
ペグを打つ時の注意点は?
ランナーって何?その使い方は?
テントがちゃんと立っているかどうかの判断基準は?
テントは何分以内に立てることが望ましい?(※佐藤先生・土居先生基準では5分)
 
 
初めての本校のキャンプ実習、慣れないことが多々あると思いますが、
 
キャンプ活動を通じて、班で協力し、クラスメイトの良いところを
 
たくさん見つけて、元気に笑顔で学校に帰って来て欲しいです。
 
 
 
本日もブログにお越しいただきありがとうございました。