2017年6月19日月曜日

高島市森林体験学校

こんにちは、金蘭千里です。


中2 今津キャンプ2日目、
 高島市森林体験学校(「森林公園 くつきの森」)に行きました。
「森林公園 くつきの森」は、高島市朽木麻生の標高約200mから400mに位置する、
約150haの森林で、かつてのホトラ山や針葉樹の人工林が大部分を占める自然豊
か森を形成しています。

ユリノキ広場(くつきの森のシンボル)

クラスで2つのグループに分かれ、各グループにインストラクターさんがついて下さり、
 森の中を案内して頂きました。

 
 
アメリカ西海岸の海岸山脈に自生する、センペルセコイヤという樹です。
成長が非常に早く、世界一の樹高を誇る樹です。  
 
木の感触を体験しました!
 

樹皮はとても厚いですが、ゴツゴツした感触はなく、
触ってみると樹皮とは思えない弾力がありました。
 
「うわ~!変な感じ!」
 
「ロバのカラダを触ってるみたい!」
 
想像していたものと異なる感触に、
生徒達は皆驚いていました。


例年、今津キャンプは6月に実施されることが多く、梅雨の時期と重なり、
見れる植物が限られるそうなのですが、今回は5月ということで、
滅多に見れない植物に遭遇することができました!
 
  「キンラン(金蘭)」の花です!
 
花のつぼみや、咲いた花はすぐ動物に食べられてしまうそうで、
明日見れるかどうか、、、と、インストラクターさんが言われていました。
 
体験終了後、インストラクターさんから「キンラン」の花の写真を頂きました。
大切に教室掲示をしています。
 
 
滅多に見ることのできない、本校の学校名である「キンラン(金蘭)」の花の
出会いは、生徒にとって良い思い出の一つになったことでしょう。
 
 
 
本日もブログへお越しいただき、ありがとうございました。