2017年6月28日水曜日

先生のたまご

こんにちは。金蘭千里です。

6月の16日から7月1日(大学によってはもう少し長く)のあいだ、教育実習生がやってきています。
授業の準備、授業、ホームルームや掃除などいろいろなことに取り組んでいます。今週は実習も佳境に入り、研究授業が目白押しです。生徒たちも自分と年齢の近い先生、しかも、この学校の先輩である実習生たちによくなついています。

よく、実習生が入ると勉強が遅れるとか、先生のフォローが大変などと聞くことがありますが、そんなことはありません。実習生がやったところもしっかり試験範囲にでき、授業もそのまま続けられるほどのことを教授してもらっています。それどころか、彼らのアイディアがとても参考や刺激になることもあるのですよ。

例えば、これは今年度の研究授業のトップバッターを切った授業風景です。ただし、研究授業ではなく、同じ内容のほかのクラスの写真になっています。



この日のテーマは日本の領土問題その1(北方領土)です。
歴史的な経過を丹念にたどります。

ほとんど(笑)の生徒が真剣にメモを取っています。

古い資料を丹念に読んでいきます。

ポーツマス条約時の国境線を確認しているところ

それを元に、国境線を確認します。拡大コピーの地図や、この、赤のマグネットは実習生のアイディアです。

初めはスローガンを考えるのに乗り気ではなかったのですが、最優秀賞5万円と聞くと
ちょっと乗り気になる生徒も。でも、入賞するのはなかなか大変そうです。

国境線が一度も北方領土よりも北海道寄りになったことがないことを確認したのち、4島返還のスローガンを考えてもらい、実際に応募します。
今年の実習は、毎回アクティブラーニングの要素を随所に取り入れてみました。

今度の土曜日の教員採用試験に臨む実習生も何人かいます。是非合格して、いい先生になって欲しいと思います。


本日も、ブログにお越し頂きありがとうございました。