2017年7月13日木曜日

兎和野キャンプ(中学3年生)

こんにちは、金蘭千里です。

6月15日(木) ~ 6月17日(土)の期間で中学3年生が兵庫県兎和野高原にてキャンプを実施しました。

3日間の主な行程は以下の通りです。

<1日目>
・点呼、校長訓辞、班長任命、携行品の点検
・入所式(旗揚げ)
・トーチ作り
・テント設営、夕食炊事
・夕べの集い(旗降ろし)
・大営火
・点呼、就寝

<2日目>
・朝礼(旗揚げ)、点呼
・朝食炊事
・オリエンテーリング、昼食
・テント撤収
・夕食炊事
・夕べの集い(旗降ろし)
・入浴
・点呼・就寝

<3日目>
・朝礼、点呼
・朝食
・撤収作業「来た時よりも美しく」
・退所式
・学校帰着、点呼、校長講評

写真にて様子をお伝えします。

3年目のテント完成
完成度が年々上がりました。

女子炊事場

男子炊事場

ギター池をトーチで囲います。

幻想的!

大営火
よく見るとすごい写真です。

2日目 朝礼前
朝靄が立ち込めています。

2日目 朝礼

2日目 朝食
やっぱり自分で炊いたご飯は最高です!

オリエンテーリング
スタンプ発見!
オリエンテーリング
みんなで問題解きます。

オリエンテーリング
ちょっと休憩中

3日目 朝食

テント撤収開始!

テント折りたたみ作業
結構大変なんです。

チーム 給養!
食事に関してはお任せを!


生徒が体験ノートに書いた感想です。


「今回のキャンプを通して、中学3年間キャンプをしてきた成果が出て嬉しかったです。特に1年生の頃は先生の説明を受け、助けてもらいながらテントを立てました。しかし、今回は約1時間で困ることなく班員だけで立てることができました。さらに、カレーはスープ状態、ご飯はおかゆ状態だった中2のカレーライスと比べて、正反対の美味しい大満足のカレーライスを作ることができました。今までたくさん失敗して、先生に注意されてきたからこそ上手くいったキャンプだと思いました。」


「キャンプのメイン活動は「自炊」「テント設営」「自然の中で活動」です。その中でも特に「自炊」は欠かせません。1日の半分くらいは自炊をしました。それによって今まであまり話したことがなかったクラスメイトとの距離を縮めることができました。」


「1日目は予定がたくさん詰まっていて、トーチ作りやテント立て、自炊などがあっという間に過ぎると大営火の時間がやってきました。各クラスの出し物の面白さもさることながら、私がちょっと嬉しかったのはトーチを手に持ったことです。もちろん、みんなでぐるりと池を囲んで火を見るのもキレイだと思いますが、どこか見ているだけという感覚が強いです。その火を自分が持っていて、目の前で輝いているという単純な事実は、自分が今行っているのだなとじかに感じられました。」


「キャンプファイヤーでは、初めてトーチを持ちました。3年生全員で池を囲んだシーンは神秘的でした。各クラスの出し物ではそれぞれのクラスの先生が登場し、すごく面白かったです。こんなに楽しいキャンプファイヤーは初めてでした。」


「キャンプファイヤーは放課後などに、各クラスが練習していたのでその努力の成果が出たと思います。先生方も協力してくださいました。キャンプファイヤーが成功したのも先生方のおかげです。本当に楽しかったです。」


「2日目のオリエンテーリングでは広大な敷地を歩いて様々な問題を解いたり、スタンプを集めたりして、班の皆との会話のきっかっけにもなり、とても有意義な時間となりました。」


「今回のキャンプで一番印象に残ったのはオリエンテーリングです。毎年の徒歩訓練のおかげで疲れてしまうということはありませんでしたが、スタンプが入っている箱を探すのが大変でした。私の班は全てのスタンプを集めることができました。クラスのみんなが頑張ったおかげでクラス順位で1位になり、お風呂に最初に入ることができたのでとても嬉しかったです。」


「今回のキャンプで初めて班長をやり、仲間と協力することの重要性やみんなをまとめる大変さを知りました。自然との触れ合いが少ない都会にいて気付けなかったことや、都会の便利さがよく分かりました。来年は自分の班は言うまでもなく、他の班ともさらに積極的に協力したいと思います。」


「今年のキャンプはみんなが去年より成長していた分、先生の指示をしっかり聞いて行動できたので、とてもいいキャンプになったと思います。ただ、まだ改善できるところもたくさんあったので、来年もまた今年の自分より上を目指して成長していきたいです。」


本日もブログにお越しいただき、ありがとうございました。