2017年8月25日金曜日

神戸大学に訪問

こんにちは、金蘭千里です。

夏休み中の8月1日(火)に、中学2年生~高校2年生の希望者15名で神戸大学の国際人間科学部へ訪問し、三分野に分かれて研究体験をさせて頂きました。

①生物分野 水域生態学・環境生理学研究室
  環境DNAを用いたカワバタモロコの在・不在の推定

 まずは、研究内容の説明を受けます。
 
サンプルをろ過
 
DNA抽出
初めて触る実験器具がかっこよくて、思わずはしゃいでいました。
 
PCRでDNAが増幅していたか、チェック!
実験大成功でした!!
 
②化学分野 高分子化学研究室
  プラスチックの分子構造の把握
まずは、研究内容の説明を受けます。

ラマン分光法による持参したプラスチックの分子構造の解析

持参したプラスチックが何の種類であるかを推定
 
過去に学習した知識も使って正解したものもあれば、
新しく聞くもの、推定が難しいものがありました。
 
③物理分野 素粒子・宇宙線物理学研究室
  宇宙線の検出
まずは、研究内容の説明

霧箱作成

作った霧箱を使ってα線などを観察
初めて見る神秘的な現象についつい見とれて、何十分でも眺めていました。

大きな機械「イメージ インテンシファイア チューブ」の構造についての説明

初めて見る機械に興味津々…
たくさんあるコード全てを把握している学生さんに尊敬の眼差し
しっかりと宇宙線を捉えられていました!

得られたデータから、宇宙線がどの方向から飛んできているのかヒストグラムを作成

 
-------------------------------------------------------------------------------------------------
どの分野の研究体験も非常に楽しそうに、そして興味深そうにしていました。
 
本校の教員が学生だった頃に、多くの教授陣にお世話になった繋がりで企画された今回の研究体験。貴重なことに、現役大学生、大学院生、教授陣への何でも質問コーナーもして頂けました! 
さらに、今回研究体験しなかった他の研究室の研究分野についても、現役大学生、大学院生に説明して頂きました。
 
今年から、発達科学部、国際文化学部が合併し、国際人間科学部と名前が変わりました。
これを機に、神戸大学に、国際人間科学部に入りたい!理系に進みたい!などと意欲を持って勉強に励んでくれたら、と思います。
 
【感想】
教授からの授業、校内探検、実験、現役大学生に質問など、普段できないようなことをさせてもらってとても充実していて楽しかったです。
 
中学校でやる実験とはレベルが違いすぎました。見たことのない機械ばっかりで高そうだし、壊れたらどうしようと不安でした(笑)
 
実験に使う溶液を学校の先生が作ったものだと聞いて、こんなすごい先生が身近にいたんだとびっくりしました。
 
身近に使っていた構成物質の種類の多さに驚きました。また、プラスチックを溶かす機械で重さも測れることにも驚きました。
 
二年連続で行き、去年とは違った内容を学べて、非常にいい経験になりました。将来、神戸大学に行きたいと思いました。
 
 
 
本日もブログにお越し頂き、ありがとうございました。